ページトップへ
CLOSE
  • ビジネスシューズは"平日5日間を3足でローテーション"すべき!──バイヤーが選ぶ、揃えておくべき「鉄板の3足」とは?
    2018.12.15 update

    ビジネスシューズは"平日5日間を3足でローテーション"すべき!──バイヤーが選ぶ、揃えておくべき「鉄板の3足」とは?

    ビジネスマンの1週間に、なぜ3足必要なのか?「靴を休ませる」ことはシューケアへの第一歩。長く履き続けるためには必要なことだ。それに、足は思った以上に汗をかくから、しっかり乾燥させて履くために「中1日」は休ませたいところ。会議や外回り、打ち合わせと、働く男たちがさまざまなシーンでの履き分けができるよう珠玉の3足を提案、これさえあれば安心のラインナップだ。紹介するのは、メンズ館地下1階=紳士靴担当バイヤーの福田隆史、同アシスタントバイヤー宮下創太、そしてイセタンメンズネット編集長の田代径大。「装いとシーンの

  • 東京発の靴ブランド<PADRONE/パドローネ>が人気な理由とは──別注モデルの仕掛け人と売上No.1販売員がその秘密を解説!
    2018.10.02 update

    東京発の靴ブランド<PADRONE/パドローネ>が人気な理由とは──別注モデルの仕掛け人と売上No.1販売員がその秘密を解説!

    東京発の人気靴ブランド<PADRONE/パドローネ>が、10月3日(水)より、メンズ館地下1階=紳士靴にて通常よりバリエーションを増やし、さらに別注2モデルを加えた「パドローネフェア」を開催。これに合わせ<パドローネ>で数々の別注を仕掛けてきた紳士靴担当アシスタントバイヤーの宮下と、売上実績No.1スタイリストの塚原が<パドローネ>の人気の秘密を解き明かしていく。伊勢丹オンラインストアで<パドローネ>の商品一覧を見るメンズ館地下1階=紳士靴担当アシスタントバイヤーの宮下(写真左)と、売上実績No.

  • 狙うべきは「3万円台」、今買うべき優秀ビジネスシューズはこれだ!
    2018.09.22 update

    狙うべきは「3万円台」、今買うべき優秀ビジネスシューズはこれだ!

    2018年5月に公開した『ビジネスシューズは、「19,000円」戦国時代に突入!最強のコスパ靴はどれだ!?』では、伊勢丹メンズのものづくりへの取り組みにフォーカスし、「革靴のエントリーブランド」としての履き心地の良さや確かさをお伝えしてきたが、今回は一格上の「3万円台(税抜)のビジネスシューズ」をピックアップ。紳士靴担当バイヤーの福田隆史や『イセタンメンズネット』編集長の田代径大をはじめ、"恒例メンバー"となった4人が3万円台(税抜)で買える本格靴の価値を語り尽くす。Vol.1 ビジネスシュー

  • 【第3回】この夏ほしい注目サンダルは?キレイめスタイルで街に馴染む、大人の"革サン"3選
    2018.07.31 update

    【第3回】この夏ほしい注目サンダルは?キレイめスタイルで街に馴染む、大人の"革サン"3選

    イベント情報ワールドサンダルマーケット□7月18日(水)〜8月7日(火) □メンズ館地下1階=紳士靴►イベント詳細はこちら「WORLD SANDAL MARKET(ワールドサンダルマーケット)」に関する記事一覧はこちらメンズ館の夏の風物詩になりつつあるイベント「WORLD SANDAL MARKET(ワールドサンダルマーケット)」が8月7日(火)までメンズ館地下1階=紳士靴で開催中。個性豊かな14ブランド・約250のサンダルの中から紳士靴担当の3名が、"ビーサン・スポサン・革

  • 【第1回】この夏ほしい注目サンダルは?ブランドの個性と主張が明確な“街履きビーサン”4選
    2018.07.21 update

    【第1回】この夏ほしい注目サンダルは?ブランドの個性と主張が明確な“街履きビーサン”4選

    イベント情報ワールドサンダルマーケット□7月18日(水)〜8月7日(火) □メンズ館地下1階=紳士靴►イベント詳細はこちら 「WORLD SANDAL MARKET(ワールドサンダルマーケット)」に関する記事一覧はこちらメンズ館の夏の風物詩になりつつあるイベント「WORLD SANDAL MARKET(ワールドサンダルマーケット)」が8月7日(火)までメンズ館地下1階=紳士靴で開催中。個性豊かな14ブランド・約250のサンダルの中から紳士靴担当の3名が、"ビーサ

  • 【第0回】徹底討論、この夏ほしい注目サンダルは?シーンに合わせてを履き分けて楽しむ夏!
    2018.07.20 update

    【第0回】徹底討論、この夏ほしい注目サンダルは?シーンに合わせてを履き分けて楽しむ夏!

    メンズ館の夏の風物詩になりつつあるイベント「WORLD SANDAL MARKET(ワールドサンダルマーケット)」が8月7日(火)までメンズ館地下1階=紳士靴で開催中。個性豊かな14ブランド・約250のサンダルの中から紳士靴担当の3名が、"ビーサン・スポサン・革サン"の3カテゴリーからお薦めのサンダルをピックアップ。紳士靴バイヤーの福田隆史が"革サン"を、同アシスタントバイヤーの宮下創太が"ビーサン"を、スタイリストの塚原拓也が"スポサン"をご案内。そしてイセタンメンズネット編集長の田代径大がナビゲーター

  • 【2018年秋冬速報⑥】垂涎のカシミヤをまとった<DIADORA/ディアドラ>
    2018.07.17 update

    【2018年秋冬速報⑥】垂涎のカシミヤをまとった<DIADORA/ディアドラ>

    「我々がイタリアン・ラグジュアリー・スニーカーと呼ぶジャンルが根強い人気を誇っています。そのツートップが〈プレミアータ ホワイト〉と〈フィリップモデル〉。これにつづくブランドとして投入したのが<DIADORA/ディアドラ>です」(メンズ館地下1階=紳士靴担当アシスタントバイヤー 宮下創太) ▶2018年秋冬プレス展示会速報!記事一覧はこちら <ディアドラ>スニーカー(左から)「B.ELITE」34,560円、「N 9000」34,560円、「EQUIPE」32,400円

  • 名靴を愉しむ #4──キーワードで読み解く<ALDEN/オールデン>の魅力③
    2018.07.16 update

    名靴を愉しむ #4──キーワードで読み解く<ALDEN/オールデン>の魅力③

    今では数少なくなった「made in USA」の靴づくりに取り組む<ALDEN/オールデン>は、老舗タンナーであるホーウィン社の「コードバン」を主に用い、それぞれに特徴を持つ「ラスト(木型)」を駆使、素材・ラスト・デザイン・作りが生み出す圧倒的な個性は、いつの時代でも男の憧れだ。きちんと手入れをしていけば長く愛着に応えてくれる<オールデン>。イセタンメンズネットでは、全3回に渡り、その魅力を“キーワード”別に読み解いていく。 「【連載】名靴を愉しむ」記事一覧はこちら