ページトップへ
CLOSE
  • <snowpeak/スノーピーク>×<ペンドルトン>のコラボによる「タオルブランケット」の先行予約を開始。完売必至のアイテムを見逃すな!
    2020.03.30 update

    <snowpeak/スノーピーク>×<ペンドルトン>のコラボによる「タオルブランケット」の先行予約を開始。完売必至のアイテムを見逃すな!

    営業時間変更のお知らせ 新潟発のアウトドアブランド<スノーピーク>と、「アメリカの良心」と称えられ、150年以上もの歴史を持つアメリカを代表するブランド<ペンドルトン>とのコラボレーションによる、オリジナルデザインのタオルブランケットが数量限定で登場。メンズ館6階=メンズコンテンポラリーでは、4月10日(金)の発売日を前に、4月5日(日)まで先行予約を受付中だ。 ブランケット 各13,200円 今回のモデルは、<ペンドルトン>のジャガードバスタオルオーバーサイズをベースに、<スノーピーク>の

  • 【特集】<JOHN LOBB/ジョンロブ>ほか、素材の良さが際立つ大人顔の「白スニーカー」19選
    2020.03.26 update

    【特集】<JOHN LOBB/ジョンロブ>ほか、素材の良さが際立つ大人顔の「白スニーカー」19選

    大切なのは、装うスタイルに最も似合うフォルムの一足を選ぶこと 足元を軽やかで爽やかな白スニーカーに変えてみる――それだけでも一気に着こなしが春らしくなる。そんな大人が白スニーカーで差をつけるなら、今シーズンは何を選ぶだろう? ひと口に白スニーカーといっても、フォルムが違えば印象は当然違ったものになる。大切なのは、装うスタイルに最も似合うフォルムの一足を選ぶことだ。 老舗・名門の靴ブランドによるクラシック基調のスニーカーも、ラグジュアリーメゾンのハイテクを搭載したスニーカーも、白スニーカーの魅

  • 【特集】ショートパンツの選び方と着こなし方。大人の男性におすすめするコーディネート術とは?
    2020.03.26 update

    【特集】ショートパンツの選び方と着こなし方。大人の男性におすすめするコーディネート術とは?

    最近ではジャケットと合わせる“ジャケ短パン”スタイルも定着した、春夏定番の大人ショートパンツ(ハーフパンツ、ショーツ)。選び方のポイントは膝ぎりぎりの丈感といまどきなシルエット、そして本気のアスリートにならないモデル選びと着こなし方だ。伊勢丹メンズ館のイメージコンサルタント、関川晃彦が今シーズンの注目ブランドをピックアップしながら、その着こなしを解説する。 いま選ぶ大人のショートパンツはオーセンティック系orテック系 暖冬とはいえ冬が終わればショートパンツの季節の到来。しかしショートパン

  • <SEVEN BY SEVEN/セブンバイセブン>|限定品も登場するメンズ館初のポップアップを期間限定開催!
    2020.03.25 update

    <SEVEN BY SEVEN/セブンバイセブン>|限定品も登場するメンズ館初のポップアップを期間限定開催!

    2020.03.25 - 2020.04.07

    営業時間変更のお知らせ メンズ館6階=メンズコンテンポラリーでは、3月25日(水)から4月7日(火)の期間、素材やシルエットなどのディテールに徹底的にこだわることで、もののイメージや価値観を再構築させるブランドとしてファッション業界にも多くのファンを持つ<セブンバイセブン>が、メンズ館初となるポップアップを期間限定で開催する。 関連記事 ・【特集】<SEVEN BY SEVEN/セブンバイセブン>デザイナー・川上淳也が、サンフランシスコで大量の古着からに教わったこと Tシャツ 各6

  • 【特集】<SEVEN BY SEVEN/セブンバイセブン>デザイナー・川上淳也が、サンフランシスコで大量の古着から教わったこと
    2020.03.24 update

    【特集】<SEVEN BY SEVEN/セブンバイセブン>デザイナー・川上淳也が、サンフランシスコで大量の古着から教わったこと

    営業時間変更のお知らせ <SEVEN BY SEVEN/セブンバイセブン>デザイナー・川上淳也氏の服づくりの原点には、サンフランシスコで大量の古着と出会った経験がある。ヴィンテージの教科書に則ることなく、感覚を頼りに古着を選び続けてきた彼のフィルターを通して生み出されるのは、どこか懐かしく、新しい、アノニマスな服の数々だ。そんな<セブンバイセブン>のポップアップイベントが、メンズ館6階=メンズコンテンポラリーで3月25日(水)から4月7日(火)まで開催される。川上氏のものづくりの哲学と、今回のポップ

  • 【特集】この春はデニムアウターが推し!<LEVI'S/リーバイス>ほか、大人が着るべきジージャン7 選
    2020.03.23 update

    【特集】この春はデニムアウターが推し!<LEVI'S/リーバイス>ほか、大人が着るべきジージャン7 選

    ドレスアップする気分で着こなす“大人のGジャン” 肌寒いときは薄手のコートの中にレイヤーして、陽射しが暖かい日はアウターとして、どう着こなしても活躍してくれるのがデニムジャケット、通称Gジャンだ。 今シーズンはタイドアップして着たり、ウールのトラウザーズに合わせたり、ドレスアップも似合うデニムジャケットをチョイスしたい。不動の人気を誇る生粋のデニム専門ブランドの定番モデルをはじめ、今のトレンドを取り入れたワイドなシルエットまでピックアップ。お気に入りを見つけて春のワードローブに加えよう。

  • 【特集】大人が選ぶべき夏ジャケット10選、軽くて薄いリネン&ニット素材が2020年の2大トレンド
    2020.03.19 update

    【特集】大人が選ぶべき夏ジャケット10選、軽くて薄いリネン&ニット素材が2020年の2大トレンド

    春~初夏に活躍するジャケットは、素材感がポイント⁉ ビジネスシーンにおいて高温多湿な日本の夏を快適に乗り切るには「素材使い」がキーポイントになる。 伊勢丹メンズ館がこの夏おすすめするのが、リネンとニットの2大素材。春夏といえば、コットン素材のジャケットが定番的だが、より大人っぽく、肩の力の抜けた印象を出したいのならリネンがおすすめ。見た目が軽やかで涼しげなだけでなく、程よいシワや素材感は高温多湿な都会にも最適だ。また、そこに清潔感やリッチさを加えたいのならオンオフで着られる汎用性を備えたニットジ

  • <HUMAN MADE®/ヒューマンメイド>|「和」をテーマにしたカプセルコレクションが登場!
    2020.03.18 update

    <HUMAN MADE®/ヒューマンメイド>|「和」をテーマにしたカプセルコレクションが登場!

    2020.03.25 - 2020.04.10

    営業時間変更のお知らせ クリエイティブディレクターのNIGO®が主宰するファッションブランド<HUMAN MADE®/ヒューマンメイド>が、「和」をテーマにした期間限定のポップアップストアをメンズ館6階=メンズコンテンポラリーにオープンさせる。 ▼「PHOTO GALLERY」で商品を見る 3月25 日(水)よりメンズ館6階のスタイルアップにて行われる同イベントでは、今回のために新たにつくられた漢字を用いたモチーフが配されたウェアをはじめとし、お猪口や張り子の置物といった和のテイスト

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY
2020.04.02 update

MEN'S CONTEMPORARY

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】街からアウトドアまで万能な<ASPESI/アスペジ>のミリタリージャケットが愛され続ける理由
2020.04.02 update

【特集】街からアウトドアまで万能な<ASPESI/アスペジ>のミリタリージャケットが愛され続ける理由

男のクローゼットに必然のように存在し、長く着ていくことを楽しむ──アウトドアウエアやミリタリーウエアが持つ機能性をタウンユースに落とし込んだ先駆者的存在である<ASPESI/アスペジ>もそんなブランドの一つだ。今回は、大人の日常着に欠かせない存在として君臨する大定番モデル「M-65」などタイムレスな名作を次々と生み出す<アスペジ>の魅力を伊勢丹メンズ館バイヤーに訊いた。 ジャケット以上、コート未満のシティジャケット 創業者のアルベルト・アスペジさんが、1967年にイタリア・ミラノ郊外にシャ

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の