ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】街からアウトドアまで万能な<ASPESI/アスペジ>のミリタリージャケットが愛され続ける理由
    2020.04.02 update

    【特集】街からアウトドアまで万能な<ASPESI/アスペジ>のミリタリージャケットが愛され続ける理由

    男のクローゼットに必然のように存在し、長く着ていくことを楽しむ──アウトドアウエアやミリタリーウエアが持つ機能性をタウンユースに落とし込んだ先駆者的存在である<ASPESI/アスペジ>もそんなブランドの一つだ。今回は、大人の日常着に欠かせない存在として君臨する大定番モデル「M-65」などタイムレスな名作を次々と生み出す<アスペジ>の魅力を伊勢丹メンズ館バイヤーに訊いた。 井波 亮 メンズ館7階=メンズオーセンティック バイヤー ジャケット以上、コート未満のシティジャケット 創業者のアル

  • 【特集】世代を超えて人気が広がる「バラクータ G9」という傑作アウター
    2020.04.01 update

    【特集】世代を超えて人気が広がる「バラクータ G9」という傑作アウター

    世界中のショートブルゾンのベースとなった「バラクータ G9」は永遠の定番だ。機能美が際立つシンプルかつ完成されたデザインも、大人から支持される理由の1つ。時代が変わっても彼らの強い味方であり続ける<バラクータ>は、後世に伝えていきたい、残していきたいと思えるブランドの筆頭だ。今回は、数々の服に袖を通してきた伊勢丹メンズ館のバイヤーに、今だからこそ理解できるその魅力について語ってもらった。 「バラクータ G9」の本当の魅力がわかるとき 井波 亮メンズ館7階=メンズオーセンティック バイヤー

  • 【特集】いま大人の男が求める筆頭アウターは、<Barbour/バブアー>の「ビデイル」だ
    2020.03.31 update

    【特集】いま大人の男が求める筆頭アウターは、<Barbour/バブアー>の「ビデイル」だ

    <バブアー>のワックスクロスジャケットは、ついつい着たくなる、定番ならではのエターナルな魅力に溢れている。着こなしを選ばずオンオフ使えるちょうどいい着丈やデザイン、英国のロイヤルワラントブランドながら4万円台で買えるコストパフォーマンスや、メンテナンス次第で一生付き合える耐久性。そして、男心をくすぐる歴史的背景など人によって感じる魅力もさまざまだ。 今回は、同ブランドを代表するモデル「ビデイル」にフォーカス。いま大人の男性に求められている理由を 伊勢丹メンズ館バイヤーに聞いた。 気づいたら

  • 【特集】本物の価値を持つクラシックな定番品──モノにこだわる男性が手に入れるべき「紳士の名品」10選。
    2019.09.04 update

    【特集】本物の価値を持つクラシックな定番品──モノにこだわる男性が手に入れるべき「紳士の名品」10選。

    時代や価値観が変わっても、変わらぬ価値を持った“名品”は必ず存在し、時を超える魅力が備わっている。イセタンメンズネット編集部は、「名品といわれるものにある所以(ゆえん)」にフォーカスし、世界のジェントルマンが愛用している10のアイテムをご紹介。名品に込められた秘密を知れば、あなたもすぐにその虜に……。 1. <JOHN LOBB/ジョンロブ>の「CITY 2」 シューズ「CITY 2/E」 189,000円商品を見る 「永遠の“ファースト・

  • もう「G9」だけじゃない!<BARACUTA/バラクータ>の国内初となる直営コーナーが、伊勢丹メンズ館に誕生。
    2019.09.02 update

    もう「G9」だけじゃない!<BARACUTA/バラクータ>の国内初となる直営コーナーが、伊勢丹メンズ館に誕生。

    トラッドスタイルには欠かせないアイテム“スイングトップ”で有名な、英国の伝統的カジュアルブランド<バラクータ>。その象徴ともいうべき「G4」「G9」といった鉄板モデルはもちろんのこと、ブルゾン以外の製品までも手に入る、国内初の直営コーナーがメンズ館7階=メンズオーセンティックにオープンした。 定番ブルゾンから小物まで、バリエーション豊富に展開 英国ブランド<バラクータ>といえば、誰もが思い浮かべるのが俗に“スイングトップ”と呼ばれ、「G4」「G9」という傑作

  • オリジナルペイントでカスタムされた世界で一着の男の定番が完成
    2019.07.30 update

    オリジナルペイントでカスタムされた世界で一着の男の定番が完成

    伊勢丹メンズ館は、男の名品・普遍的名作を現代的かつアーティスティックに表現することを使命としている。ミッションコンプリートするため今春は、ミラノの名店「ERAL55(エラルチンクァンタチンクェ)」から、オリジナルのペイントを施した1点もののミリタリージャケットを買い付けたことは記憶に新しい。秋も同店から、世界にひとつだけの男の名品が入荷する。   <GRENFELL/グレンフェル>の「ゴルファー」は、ドッグイヤー型の襟をもつジップアップブルゾン、<Varster/ヴァルスター>の「ヴァルスタリ

  • 【特集】薄くて・軽くて・快適な、マルチに使える「春アウター10選」
    2019.02.09 update

    【特集】薄くて・軽くて・快適な、マルチに使える「春アウター10選」

    昼間の陽射しに春を感じるとき、年を越してきた冬アウターはちょっと重く感じてしまうもの。そんな「ジャケットだけでは心許ない日」に重宝するのが、冬に着るコートとは一線を画すほどの軽快さを実現する“春アウター”だ。見た目はしっかりしていても、素材に薄・軽なナイロンを採用したり、コットン素材でも縫製の進化で軽くなるなど、ジャケット感覚で羽織れる新作が今シーズンは目白押し。イセタンメンズネットでは、近年では類を見ないほど充実している春アウターを3つの切り口でピックアップした。 1. 素材と仕

  • <HERNO/ヘルノ>|ベストセラーアウターが集結、ブランド創立70周年を記念したコートも登場!
    2018.11.17 update

    <HERNO/ヘルノ>|ベストセラーアウターが集結、ブランド創立70周年を記念したコートも登場!

    2018.11.14 - 2018.11.27

    1948年、イタリア北部にあるマジョーレ湖半の町レーザで誕生し、今年ブランド創立70周年、日本上陸50周年を迎えた<ヘルノ>。2018年秋冬シーズン、同ブランドでは70年間にわたるイタリアの卓越性を祝した特別モデルを制作。11月14日(水)からメンズ館5階=ビジネス クロージングにて開催中のプロモーションでご紹介している。 関連記事▶<HERNO/ヘルノ>&<MOORER/ムーレー>、ビジネスアウターの2大巨頭に新たな名作が誕生? ブランドのルーツであるレインコートを彷彿とさせるベルテッド、エポレット

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY
2020.04.02 update

MEN'S CONTEMPORARY

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【オーダー体験 4】厚い胸板&なで肩のガッチリ体型がすっきり見えるオーダーシャツが完成
2020.04.07 update

【オーダー体験 4】厚い胸板&なで肩のガッチリ体型がすっきり見えるオーダーシャツが完成

既成のシャツに悩みを抱える体型の違う2名の男性にオーダーシャツを体験していただく本企画。 【体験レポート3】に続いて、過去のスポーツ経験に加えて不規則な生活で体重の変動が激しく、既成で合うサイズのシャツが無いと悩む、ガッチリ体型の松島隆晴さん(30歳)の体験レポートをご紹介します。 「新しいシャツができるのがうれしくて、ひと目惚れしたネクタイを買ってきました」とうれしそうにメンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリスト花野友彦に話しかけるのは松島さん。出来上がったばかりのシャツが入った箱を開ける

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

【まとめ】いまさら聞けない!?ビジネスシーンで役立つ装いのテクニック&愛用品のお手入れ方法を伝授
2020.04.07 update

【まとめ】いまさら聞けない!?ビジネスシーンで役立つ装いのテクニック&愛用品のお手入れ方法を伝授

ビジネスマンなら抑えておきたい装いのテクニックや、靴や革小物など愛用品のお手入れ方法を伊勢丹メンズ館のスタイリスト(販売員)が伝授します。あなたはいくつ答えられますか?ぜひ毎日のコーディネートに、お手入れの参考に取り入れてみてはいかがでしょうか。 伊勢丹メンズ館のスタイリストがズバリお答えします! 1. 基本テクニックを伝授!美しく見せる、正しいネクタイの結び方 ネクタイをきちんと結んで得られるのは、着こなしの清潔感。スーツを着たときの好印象の条件の一つです。結び方のちょっとしたコツや