ページトップへ
CLOSE
  • <ts(s)/ティーエスエス>|定番人気シリーズに、スペシャルな別注アイテムが登場!
    2018.08.20 update

    <ts(s)/ティーエスエス>|定番人気シリーズに、スペシャルな別注アイテムが登場!

    2018.08.22 - 2018.08.28

    現代的なトラディショナルスタイルを軸に、ワーク、ミリタリー、スポーツなどの要素を取り入れたアイテムを展開する、日本のブランド<ts(s)>。8月22日(水)から、メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアルでは、秋冬の新作コレクションが登場するほか、毎シーズン人気の定番アイテムからメンズ館別注品がお目見えする。2009年、デザイナー鈴木卓爾氏によりスタートした<ts(s)>は、色や柄、素材を独自の感性でブレンドし、“ありそうで無い物作り”“行き過ぎない意外性”

  • 真冬のスタイル総仕上げ!あなたの首元をあたたかく華やかに演出するマフラー&ストール
    2017.12.08 update

    真冬のスタイル総仕上げ!あなたの首元をあたたかく華やかに演出するマフラー&ストール

    クリスマス・年の瀬も近づき、寒さも一段と厳しくなりました。冬のアウターと言えばどうしてもネイビーやブラックなどのダークトーンカラーをついつい選びがちですが、マフラー&ストールは防寒アイテムとしてはもちろんのこと、真冬の装いの総仕上げとして選びたいもの。巻き方を工夫してコーディネートのアクセントとして、暖色系のカラーをチョイスすることで顔の印象アップにもつながります。今回はメンズ館の全4フロアから、ビジネス・カジュアルシーン別にまとめてご紹介。さらに、巻き方をレクチャーする動画と合わせて真冬のコーディネート

  • Dressin' Up Tonight──パーティで奏でる、ドレスアップのリズム
    2017.09.19 update

    Dressin' Up Tonight──パーティで奏でる、ドレスアップのリズム

    秋の夜長はドレスアップしてこそ楽しめる。注目の男性ボーカルグループ、SOLIDEMOが着こなすパーティウエア。「マイベストナイト」□9月20日(水)~10月3日(火)□メンズ館=各階starring w/tSOLIDEMO/ソリディーモ2013年4月、「アジアで活躍する男性アーティスト」を目標に結成。全員の身長が180cm以上という8 人組男性ボーカルグループとして、「SOLID=超カッコいい」、「EMO=女々しい」を合わせた造語で「SOLIDEMO(ソリディーモ)」と命名。2013年「第

  • 【インタビュー】軽く纏う、楽しく着こなす、 5人のデザイナーが語る "My Best Coat"
    2017.02.28 update

    【インタビュー】軽く纏う、楽しく着こなす、 5人のデザイナーが語る "My Best Coat"

    "My Best Coat"――デザイナーの感性が息づく“春のコート”この春の合言葉は、「コートを脱いでコートを着よう」――季節が春へと移り変わり、装いが軽くなるからこそ、纏(まと)うモノには“纏う意味”が求められます。イセタンメンズが春の新しいスタイリングとして提案するのが、"My Best Coat(マイベストコート)"。さまざまな個性を発するブランドが考えるスプリングコートは、まさに百人百色のバリエーション。素材の持つオリジナリティや機能性、デザイナ

  • Slow Design for Men’s Living by Nathan Williams|『KINFOLK/キンフォーク』編集長による期間限定ショップがオープン、Nハリやファクトタムとのコラボアイテムも発売
    2015.11.09 update

    Slow Design for Men’s Living by Nathan Williams|『KINFOLK/キンフォーク』編集長による期間限定ショップがオープン、Nハリやファクトタムとのコラボアイテムも発売

    2015.11.11 - 2015.11.24

    ポートランド発のライフスタイル誌『KINFOLK/キンフォーク』の編集長であるネイサン・ウィリアムス氏が手掛ける期間限定ショップ「Slow Design for Men’s Living by Nathan Williams」がメンズ館1階=プロモーションにオープン。会期は11月11日(水)から24日(火)まで。2011年に創刊された『KINFOLK』は、「ゆったりとシンプルに、家族や友人たちとの時間を過ごすことは人生において最善である、その上でデザインは非常に大切」と考えるネイサン氏の世界観