ページトップへ
CLOSE
  • 【2019年春夏速報⑧】総勢約30ブランド、50種類以上が登場する「ローファー祭り」
    2019.01.25 update

    【2019年春夏速報⑧】総勢約30ブランド、50種類以上が登場する「ローファー祭り」

    この春のリニューアルを間近に控えた伊勢丹メンズ館。国内外からバイイングされたブランド&アイテムには、時代を映し出すエレメントが巧みに散りばめられていた。それはライフスタイルの多様化にともなって変化していく最新のデザイン&スタイルと、いつの時代も変わらぬ普遍の価値をもつクラシック。一見相反するようにさえ思えるコレクションだが、イセタンメンズというフィルターによって、リアルなメンズファッションの輪郭が鮮明に描き出される。▶「メンズ館地下1階=紳士靴」に関する記事一覧はこちら シューズ(左か

  • <CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ>|30足限定!"12年ぶり"のパターンオーダー会が10月24日(水)から開催
    2018.10.23 update

    <CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ>|30足限定!"12年ぶり"のパターンオーダー会が10月24日(水)から開催

    2018.10.24 - 2018.10.30

    関連記事:名靴を愉しむ #3──"アンダー10万円"で堪能できる英国靴の雄、<CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ>の魅力とは 1879年の創業以来、熟練したクラフトマンたちの高い手仕事から生まれるその靴は、美しさはもとより、足を守るという靴本来の機能を徹底的に追及した理想的な一足を実現。英国靴の聖地、ノーザンプトンに誕生した老舗<CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ>は、世界中で最も多くのラスト(木型)の種類を有する靴メーカーの一つ

  • 【2018年秋冬速報②】メンズ館15周年を記念して伝説の名靴が続々登場
    2018.07.01 update

    【2018年秋冬速報②】メンズ館15周年を記念して伝説の名靴が続々登場

    誕生して15年を迎えるイセタンメンズは全館あげてアニバーサリー・モデルを仕込んでいる。メンズ館地下1階=紳士靴からは英国・ノーサンプトンを代表する3ブランドをピックアップする。2018年秋冬プレス展示会速報!記事一覧はこちら左:<クロケット&ジョーンズ>シューズ 124,200円中:<チャーチ>シューズ 85,320円右:<エドワード グリーン>シューズ 270,000円*<エドワード グリーン>は、ライニングの仕様が変更となります*9月12日(水)より展開かつての逸品が揃い踏みひとつめが<E

  • 名靴を愉しむ #3──"アンダー10万円"で堪能できる英国靴の雄、<CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ>の魅力とは
    2018.04.03 update

    名靴を愉しむ #3──"アンダー10万円"で堪能できる英国靴の雄、<CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ>の魅力とは

    「間違いのないビジネス靴」として、あるいは「10万円以内で買える最良の英国靴」の一つとして、確固たるポジションを築く<CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ>。メンズ館地下1階=紳士靴で長くベストセラーを続ける人気モデル、その魅力とは如何に。1879年、英国靴の聖地イギリス・ノーザンプトンに誕生した<クロケット&ジョーンズ>。 創業以来、熟練したクラフトマンたちの高い手仕事から生まれるその靴は、美しさはもとより、足を守るという靴本来の機能を徹底的に追及した理想的な一足を実現。

  • #1中村良枝|ディアスキン・ラバーからの贈り物。
    2018.02.23 update

    #1中村良枝|ディアスキン・ラバーからの贈り物。

    靴畑一筋20余年。紳士靴の名物バイヤー、中村良枝が今シーズンのとっておきとして紹介してくれたのは、ディアスキンをまとった〈クロケット&ジョーンズ〉のタッセル・スリップオンとローファーだ。どうぞ触ってみてください。なめらかでしょ。ニュージーランドで育った鹿皮を鞣しています。もうひとつ、均一な表情をキープしているのがおわかりになりますか。起毛革には順目逆目があり、ふつう、毛の流れに逆らうと色の濃淡が生まれます。これも、ディアスキンの特徴。鹿の起毛革というとバックスキンがポピュラーですが、比べてみればその差

  • “ONE OF A KIND”──自分だけのひとつを探し出す6日間、「TOKYO MEN'S FES 2017@ISETAN」が開催
    2017.09.06 update

    “ONE OF A KIND”──自分だけのひとつを探し出す6日間、「TOKYO MEN'S FES 2017@ISETAN」が開催

    2017.09.13 - 2017.09.18

    今年もはじまる、男の祭典「トウキョウ メンズ フェス 2017@イセタン」。 “個”の時代を楽しむためにも、自分だけのこだわりのひと品を探し出したいもの。 文字どおりバイヤー渾身の一点ものから、人気デザイナーが出品するフリーマーケット、 はたまた靴磨きのワークショップや魅力溢れる限定品の販売、 普段はメンズ館には登場しないショップやブランドなど、 どこを見ても楽しめる、大人の男のための“お祭り”を開催!男のワガママをかなえる、ファッションの祭典TOKYO

  • ダンディな“観戦者”が履いていたレガシーな靴が鮮やかに登場!その名も「スペクテーターシューズ」
    2017.02.21 update

    ダンディな“観戦者”が履いていたレガシーな靴が鮮やかに登場!その名も「スペクテーターシューズ」

    スペクテーターシューズ(Spectator Shoes)という名称はご存知でしょうか? スペクテーターとは、「観戦者、観覧者」という意味があり、スポーツを観戦するときに履く靴で、1910~30年代のメンズスーツが確立していった時期の紳士たちが、競馬観戦などのときに好んで履いたものを指します。クラシックスタイルへの回帰がトレンドになっていく今季、メンズ館地下1階=紳士靴では、軽快で個性的な印象を与えるスペクテーターシューズにフォーカス。今回は、三越伊勢丹限定の5足をご紹介します。この春夏に履きたい、色と素

  • いい靴は自信に繋がる。足元をしっかり固めて、成果ある仕事を|メンズ館地下1階=紳士靴
    2016.03.14 update

    いい靴は自信に繋がる。足元をしっかり固めて、成果ある仕事を|メンズ館地下1階=紳士靴

    ビジネスキャリアのスタートは、長く履ける相棒を。グッドイヤーウェルト製法の靴はファーストモデルに最適です。ビジネスシーンでは「ネイビーのスーツに黒の靴」がオーソドックスで間違いありません。職種を問わずまず一足目は黒をお薦めします。手入れしながら長く履けるのが特徴のグッドイヤーウェルト製法で、フレッシュマンにお薦めしたいのは<三陽山長>のモンクストラップ「源之介」です。一般にビジネスシューズは紐靴と言われていますが、ダブルモンクも定番になってきました。この源之介のバックルはデザイン性も優れていて、若々しい印