2020.03.29 update

<ellesse/エレッセ>|「アシスト」モデルのリバイバルスニーカーがメンズ館地下1階=紳士靴に登場!

03.25 Wed -04.21 Tue
メンズ館地下1階=紳士靴

1959年にイタリア中部の古都ペルージャにて生まれたスポーツブランド<ellesse/エレッセ>。3月25日(水)からメンズ館地下1階=紳士靴では、1984年に誕生した同ブランドの「アシスト」モデルのリバイバルスニーカーが登場した。

スポーツをこよなく愛し、貴族であるレオナルド・サルバディオ氏が<エレッセ>を創業。各国の王族とスポーツを楽しんだ同氏は、スポーツシーンに気品と情熱を求め、革新的なスタイルを生み出した。ブランドロゴにある“ハーフボールマーク”は、テニスボールとスキーの先端を形とり、情熱の赤とイタリアの太陽のオレンジを彩って生まれ、現代に受け継ぐシンボルとなっている。

 


「Assist-Hi」
スニーカー
15,400円
「アシスト」は、マーク・サドラー氏によってバスケットボールの運動特性に基づいて設計されたシューズ。デザインの一部にもなっているビッグパネルは横の動きに対応し、10ヶ所のレーシングホールは、激しいフットワークに耐える機能を併せ持つ。また<エレッセ>ならではの設計により、足首を保護するハイカットでありながら足首の屈曲や伸縮をスムーズに導き、前方向への動きを基点としたクイックなフットワークをサポートする。

 
ブランド創立60周年を機に、スニーカーに特化したラインナップで再構築されリスタートした、<エレッセ>シューズ。その象徴とも呼べるモデルが、1984 年にバスケットボール専用シューズとして設計され誕生したパフォーマンスシューズ「アシスト ハイ」だ。同シューズは、ユニセックスサイズレンジで、男女、世代を問わずに体感できる。そしてカラーバリエーションも豊富に取りそろい、またローカットモデルも登場している。2020年春夏シーズンでは、「アシスト ハイ」にフォーカスしたムービーシリーズ“Hi! Assist-Hi”が、ローンチされている。本プロモーションでは、ムービーと合わせて現在の「アシスト」シリーズが勢ぞろいする。

「Assist-Low」
スニーカー
14,300円

「アシスト ハイ」のローカットモデル。2019年12月にリリースされたプロスケーターYOPPIこと江川芳文氏が手掛けるブランド<Hombre Niño/オンブレ・ニーニョ>とのコラボレーションモデルで登場。好評を博したローカットが、早くも2020年春夏コレクションから登場。アシストの独特な雰囲気を持ちながら、幅広いファッションスタイルに対応できる利便性の高い一足だ。

 

バスケットボールシューズとして誕生しながら、数々のスケーターにも愛用されてきた歴史を持つアイコニックなモデル「アシスト」。<エレッセ>マインドを継承し、現代版にアップデートされた「アシスト ハイ」の魅力を、ぜひメンズ館で感じていただきたい。

イベント情報
<エレッセ>プロモーション
  • メンズ館地下1階=紳士靴
  • *都合によりプロモーションが中止または変更となる場合がございます。予めご了承ください

Text:ISETAN MEN‘S net

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館地下1階=紳士靴
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら