2019.06.21 update

<SOLAKZADE/ソラックザーデ>|古代ギリシャから第二次大戦まで!2000年の歴史をタイムトラベル。前代未聞のアンティークジュエリーがここに集結

06.12 Wed -06.27 Thu
メンズ館1階=ジュエリー
唯一無二の世界観でアンティークのハイジュエリーを展開する<ソラックザーデ>。6月12日(水)から27日(木)までの期間限定で、リングやブレスレット、アイウェアを中心にミュージアムピース級の約200点を集めたトランクショーを、メンズ館1階=ジュエリーで開催する。


2005年にヴィンテージアイウェアを専門にコレクション、研究するラボとして大阪でスタートした<ソラックザーデ>。オーナーの岡本兄弟の飽くなき探究心からスタートしたこのプロジェクトは、2012年に原宿ゴローズビルの地下に店舗を構えるに至り、そして2015年から同ビル1階でアンティークのハイジュエリーも展開。いまや多くの世界的セレブリティが顧客名簿に名を連ねる、東京を代表する隠れた名店である。



 

 

「1930-40年代フランス製タンクリング」 291,600円 ~1,890,000円

今回のトランクショーでは、オーナーの岡本兄弟が、欧米のほか、ロシアや中東、チベットなども旅して構築した独自のネットワークで集められた前代未聞のコレクションから、リングとブレスレット、アイウェアを中心に200点のアイテムをご紹介。

古くは2000年前の古代ギリシャのインタリオリングから、1600-1700年代のヨーロッパのメメントモリ・ジュエリー、1800年代のシグネットリング、1920年代のアール・デコのエンゲージメントリング、1917年以前のロマノフ王朝期のロシア物、1920年代東京製の本鼈甲アイウェア、そして100年前のチベットのブレスレットまで、歴史を生きたジュエリーたちが一堂に会する、過去2000年の歴史をタイムトラベルできる貴重な機会となる。

イベント情報

<ソラックザーデ>トランクショー

□6月12日(水)~27日(木)
□メンズ館1階=ジュエリー

 

 *価格はすべて、税込みです。

Text:ISETAN MEN'S net

お問い合わせ
メンズ館1階=ジュエリー
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら