2017.08.23 update

<GOLDWIN/ゴールドウイン>|都市と雪山を自由に行き来する「GOLDWIN」というライフスタイル──メンズ館デビューを記念したポップアップストアがオープン

08.23 Wed-09.05 Tue
メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル
アウトドアの合理性を追求した無駄のないフォルム、快適性と利便性をベースとし、シンプルで飽きのこないデザインと融合した、スキーが教えてくれるプレミアムなスタイルを提案する<GOLDWIN/ゴールドウイン>がメンズ館にデビュー。同6階=コンテンポラリー カジュアルでは、それを記念し、8月23日(水)より9月5日(火)までの期間限定でポップアップストアを開設する。


アウトドアファンにとって<ゴールドウイン>といえば、<THE NORTH FACE/ザ・ノース・フェイス>や<HELLYHANSEN/ヘリーハンセン>など、人気アウトドアブランドを日本で展開する会社として知られているが、そのルーツを辿ると、富山県小矢部市にある津澤メリヤス製造所という小さな工場から、1958年にスタートしたスキーブランド<ゴールドウイン>がはじまり。1960年代当時、発展途上だった日本のスキーウエア開発に、<ゴールドウイン>が得意としたニット技術で、機能性とデザインを追求したスキーセーター作りは、当時のゲレンデに象徴的なスタイルを送り出した。


左:「REVERSIBLE HOODED PULLOVER」108,000円

右:「MOUNTAIN PARKA」62,640円


左:「CREWNECK DOWN SWEATER」34,560円
右:「DOWN SWEAT PANTS」30,240円

2016年秋冬コレクションより、新ラインとしてスタートし、今回メンズ館に初登場する新生<ゴールドウイン>は、”ライフスタイル”向けというのが一つの特徴。”都市に暮らしながら、週末は自然の中へー”というのをコンセプトの1つとして掲げていて、街でも山でも着られるウェアを目指している。

雪山でも申し分ない機能性を持ちながら、街着として着られるデザイン性の高さが魅力の同ブランド。デザインメンバーには、<MARKAWARE/マーカウェア>のデザイナー石川俊介氏が参画するなど、デザインと機能を高い次元で融合させることを可能にした。

今シーズンは、同ブランドのバックボーンであるスキーの「シュプール」ラインをキーワードに、プロダクトにおいてはそのモチーフをカーブ(曲線)の切り替えに採用。GORE-TEX®を使ったマウンテンパーカやダウンコートなどのアウター、シンプルで飽きのこないデザインのシャツやセーターなど、冬の定番として長く着られるアイテムが揃う。

<ゴールドウイン>ポップアップストア
□8月23日(水)~9月5日(火) *8月29日(火)は店舗休業日とさせていただきます
□メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル
03-3352-1111(大代表)