2018.04.03 update

名靴を愉しむ #3──"アンダー10万円"で堪能できる英国靴の雄、<CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ>の魅力とは(1/3)

「間違いのないビジネス靴」として、あるいは「10万円以内で買える最良の英国靴」の一つとして、確固たるポジションを築く<CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ>。メンズ館地下1階=紳士靴で長くベストセラーを続ける人気モデル、その魅力とは如何に。


1879年、英国靴の聖地イギリス・ノーザンプトンに誕生した<クロケット&ジョーンズ>。 創業以来、熟練したクラフトマンたちの高い手仕事から生まれるその靴は、美しさはもとより、足を守るという靴本来の機能を徹底的に追及した理想的な一足を実現。その最大の特徴といえば、世界中で最も多くのラスト(木型)の種類を有する靴メーカーの一つとして、靴作りのデザイン・バリエーションや素材選びについて優れたノウハウを有しているということだ。

旬を見事に捕らえた時代性あふれるデザインでファンを魅了する一方で、同ブランドの靴作りには創業時から変わらない伝統的な手法が貫かれている。例えば、アッパーやアウトソールをはじめとする部材は良質なものだけが厳選され、縫製や仕上げも細部まで隙がない。変幻自在なデザイン力と一定不変の伝統製法。この両側面が結実した靴作りこそ、クロケットが放つ魅力の本質を表すものなのである。