皆さまこんにちは。今週末は12月23日が祝日の金曜日ということもあり、「3連休はクリスマスを思いっきり満喫する!」という方も多いのではないでしょうか。
12月24日(土)と25日(日)は、バーマン島地さんが年内最後の来店予定となっており、サロンも非常に混雑が予想されます。ぜひ時間に余裕を持ってご来店くださいませ!
来店スケジュールはこちらからご覧ください。


さて、<サロン ド シマジ>のオリジナルボトルが解禁になり、早くも3週間が経ちました。棚には空瓶が日ごとに増えています(写真)ご賞味いただいた皆さま、味わいはいかがでしたか?また、これからとお考えの皆さまにおかれましては、どうぞお早めに!

この空ボトルはすべてのボトルが終了後、ご希望のお客さまに差し上げます。
杯数のカウントは、ご自身でお飲みになった杯数はもちろん、他の方にごちそうなさった数もカウントしております。
ただし、傾いたグラスがまっすぐみえるようになったら酔った証拠ですので・・・。度が過ぎず、ほどほどにご堪能くださいませ!


ある日、どうしてもシリアルナンバー001が欲しいという女性のお客さまがご来店。

お客さま「私、どうしても001が欲しいの。島地さんや、親しい常連の方たちにごちそうさせてもらってもカウントされるのかしら?」

シマジ「もちろん!うれしいね!どんどん振る舞ってください。」

お客さま「じゃーどんどん飲んで!」


シマジ「ありがとう。スランジバー!」
この男前なほどの大盤振る舞いに、サロン内は大賑わい!あちこちで乾杯し、会話も弾みます。


シマジ「あなたみたいな女傑はめずらしいね。この素晴らしくロマンティックな浪費から文化は生まれるんですよ。」
と島地さんも杯を交わし、しばしお客さまとオリジナルボトルを堪能されておりました。

週末は素敵なクリスマスのひと時を、このサロンでお過ごしくださいませ。ご来店を心よりお待ちいたしております。


今週の格言
「ロマンティックな浪費から文化は生まれる」


今週のお酒
「Salon de Shimajiオリジナルボトル」
前回に引き続きオリジナルボトルとさせていただきます。スタッフの予想を上回るペースで空瓶になっていっております。気になる方はどうぞお早めにご賞味ください!


島地勝彦
メンズ館8階=イセタンメンズレジデンス<サロン ド シマジ>のプロデューサー。1941年生まれ。青山学院大学卒業後、集英社に入社。「週刊プレイボーイ」に配属され、1983年に同紙編集長に就任、柴田 錬三郎・今 東光・開高健を回答者に据えた「人生相談」で一世を風靡し100万部雑誌に育て上げる。その後、「PLAYBOY日本版」「BART」の編集長を歴任。集英社インターナショナルの代表取締役を経て、2008年に退任。現在は作家・エッセイストに転向。
来店スケジュールはこちら
サロン ド シマジ オンラインストアはこちら

Photo:TAKU FUJII

*20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。
*お車(二輪車・自転車を含む)を運転されるお客さまと未成年の方の飲酒・試飲はご遠慮ください。
*価格はすべて、税込みです。


お問い合わせ
メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス
03-3352-1111(大代表)