今日の島地さんは民族衣装?ナイトウエア?不思議な格好をされていますが、これはお気に入りのスモーキングジャケット。柔らかく深い光沢感がたまりません。このスモーキングジャケットの話は、また別の機会にゆっくりとご紹介いたします。

さて、プレイボーイの5代目編集長としてお仕事をされていた島地さん。プレイボーイが今年で50周年を迎えるに当たり、50周年記念の別冊号が出るとのことでサロンでの話題は持ちきりに。
シマジ「俺が編集長をやっていた頃は1982年から1986年だ。その当時は男40人で作っていたんだよ。あの頃は俺の真夏日だったなぁ。」

お客さま「真夏日ですか?」


シマジ「そうだよ、真夏日だ。俺が一番輝いていた時だ。だから今回のこの50周年の別冊はとても嬉しいんだ。裏に俺の名前も載ってるしな。今回の別冊号は半年以上の歳月をかけて作ったと聞いたよ。」

お客さま
「それはとても楽しみですね!」
島地さんも編集長として輝いていた頃へ思いを巡らせながら、数々の武勇伝を饒舌に語ります。お客さまも、貴重なエピソードの数々にしっかりと耳を傾けている様子…。こんな間近で島地さんのお話を聞けるのも、サロンならではの醍醐味ですね!


シマジ「50周年のプレイボーイにみんなで乾杯をしようじゃないか!スランジバー!」
島地さんもお客さまも一斉に乾杯!ちなみに、この“スランジバー”はスコットランドで乾杯の掛け声に用いられます。ゲール語で「あなたの健康を祝して!」という意味だそうですよ。

この記念本は今週末に発売のことですが、残念ながら伊勢丹での取り扱いはございません・・・。内容が気になる方は、ぜひお近くの書店などでご購入してみてくださいね。


今週のお酒
イチローズモルト MWR
日本産・秩父産のウイスキーの銘柄で世界から認められたJapaneseウイスキー。羽生蒸留所のモルトをキーに、ややピートの個性がきいたモルトをヴァッティング。ミズナラ樽で再貯蔵させて仕上げ。複雑な香味と奥深い味わいです。


島地勝彦
メンズ館8階=イセタンメンズレジデンス<サロン ド シマジ>のプロデューサー。1941年生まれ。青山学院大学卒業後、集英社に入社。「週刊プレイボーイ」に配属され、1983年に同紙編集長に就任、柴田 錬三郎・今 東光・開高健を回答者に据えた「人生相談」で一世を風靡し100万部雑誌に育て上げる。その後、「PLAYBOY日本版」「BART」の編集長を歴任。集英社インターナショナルの代表取締役を経て、2008年に退任。現在は作家・エッセイストに転向。
来店スケジュールはこちら

サロン ド シマジ オンラインストアはこちら

Photo:TAKU FUJII

*20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。
*お車(二輪車・自転車を含む)を運転されるお客さまと未成年の方の飲酒・試飲はご遠慮ください。
*価格はすべて、税込みです。

お問い合わせ
メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス
03-3352-1111(大代表)