2016.07.29 update

<Maison MIHARA YASUHIRO/メゾン ミハラヤスヒロ>|ブランド名を改め初のポップアップを開催、進化をつづける技術の結晶を"不完全な美"で表現

08.03 Wed -08.09 Tue
メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズ
<Maison MIHARA YASUHIRO/メゾン ミハラヤスヒロ>がポップアップストアをオープン。メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズでは8月3日(水)から9日(火)までの期間限定で開催いたします。


“不完全な美”が語りかけるもの感じてほしい

メインコレクションを<メゾン ミハラヤスヒロ>としてブランド名を改め、初となる今回のコレクションテーマは「THE PORTRAITS」。ドイツの写真家、アウグスト・ザンダーのポートレート集に映し出されたあらゆる階級の人々の姿にインスパイアを受け、三原氏が着目したのは既製服がない時代の未完成なもの、不規則なもの、逸脱したものの美しさ。 ランダムにつぎはぎされ、いびつなテーラリングが施され、独特なディテールを持った服たちは、メゾンが培ってきたさまざまなテクニックを用いて現代的なスタイルで表現されています。


アトリエの技術を結集し、妥協なきハンドメイドを駆使した今回、ザンダーのポートレートに映し出された紳士や労働者、軍人、農夫といった様々な職種の男たちの服をヒントに、長く着古したようなヴィンテージを想起させる服や小物は、製作途中のミスやズレをあえて表現として取り入れ、「不完全な美」を提示。
特に、製品染めや硫化染め、焦げ加工など、あらゆるテクニックを駆使し、ハンドメイドよって生まれる温かみや経年変化を表現。取り外し可能なライニングの上に、異なる生地を幾重にもパッチワークしたモッズコートや左右非対称なパターンによるライダースジャケットはその代表的なアイテムの一つです。

また、ブラック、カーキ、ブラウン、グレー、アイボリーといったスモーキーなトーンで構成されたカラーパレットには、オンブレチェックやフォトジャカードを差し色として採用。それらのグラフィックは、中世の宗教画であったり、美しい自然を映し出した写真であったり、モッズやパンクといった音楽カルチャー、アメリカンコミックなど、時代も手法も異なるイメージをわざと混在させています。

<メゾン ミハラ ヤスヒロ>ポップアップストア
□8月3日(水)~9日(火)
□メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズ

お問い合わせ
03-3352-1111(大代表)