音をめぐる情熱 CHALIE VICE loves Fender

青々とした葉が広がり、爽やかな風が気持ち良い今日この頃、CHALIEはまたどこか南の国を周遊中。今回の旅はなんでも、小さな工場を巡り巡って個性あふれるビールの数々を飲み歩いているのだとか…!シャンパンやワインは女性とゆっくり嗜む。ウイスキーやブランデーは1人物思いにふける夜に。そして、ビールは友人たちと太陽が照る夏に喉を鳴らしながら飲むのがCHALIE流のお酒の愉しみ方なんだそう。

今回の旅で行き着いた、CHALIEが選ぶ極上のビールは一体どのようなものなのでしょうか。きっと、ご友人のみなさまへご紹介するものを選んでいることと思います♪


さて、THE GALLERY by CHALIE VICEでは5/25(水)より、「音をめぐる情熱 CHALIE VICE loves Fender」をご紹介しております。

CHALIEのご友人のみなさまはご存知だとは思いますが、CHALIE VICEと言えば無類の音楽好き。さらに器用な彼のことです。きっと様々な楽器が弾けるのでしょう。しかし中でも、熱いソウルを彷彿させられるギターの音色はCHALIEの中でも特別なものなのだとか。

今回もCHALIEが敬愛するFENDERのギターを、友人たちにお願いをして特別にご用意いただきました。中にはなかなか目にすることのできないものもあるのだとか…!?


カリフォルニア・アナハイムで不意に訪れたNamm Shoeは、音楽をめぐる情熱と熱狂が渦巻く特異な空間でした。そこに集うのは、音楽を愛し、生業にする人々。音楽好きなら一度は来てみたいと願う楽器の祭典。ここで披露される彼らの成果は、その年のミュージックシーンを占うとも言われるのだそう。

多くの音が溢れる中で僕を引き寄せたのは、伝統を知り尽くし、新たな挑戦に踏み出すFenderの技。ギターという、ある種完成された楽器をめぐって革新を生み出す職人たちの姿勢は、音を鳴らすその前から僕を魅了してやみません。きっと、弦に手をかけた瞬間、これまでにない音で応えてくれるはず。

THE GALLERY by CHALIE VICEで、ギターをめぐる情熱と、新しい音に出会ってください。

――CHALIE VICE


なるほど、CHALIEはギターの背景にある伝統ある職人たちの技術や執念に心を打たれているようですね。
ぜひ、みなさまも奥が深いギターの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?


≫チャーリー ヴァイス オンラインストアがオープン。
≫チャーリー ヴァイス オフィシャルホームページも合わせてご覧ください。

お問い合わせ
メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス
03-3352-1111(大代表)