ページトップへ
CLOSE

ショップ、施設の場所など変更になる場合がございます。

GENTRYFYジェントリーファイ

お取り扱いフロア
  • 5F=メイド トゥ メジャー
  • 5F=オーダーメイド
GENTRYFY

効率のいい生産を求めるがゆえに、伝統的な職人の手仕事が消えかけようとしている現代ではありますが、日本にもまだ世界に誇れるファクトリーが存在します。その日本のテーラーの優れた技術を受け継ぐファクトリーと、イセタンメンズが手を結んだブランドが<ジェントリーファイ>です。職人のアナログ的なハンドワークを、現在の生産の仕組みの中に復活させ、随所に取り入れた服作りを行っています。体型のアンバランスさを吸収して、着る人をスマートに見せるのが、美しい服。腕を上げても襟が泳がず、身体の動きに合わせて動くのが、着心地の良い服。そして美しい服は着心地も良い、というのが<ジェントリーファイ>の思想です。首廻りにほどよくフィットした適度な「のぼり」、美しい曲線を描くラペルのロール、しっかりといせ込まれたショルダーライン、前方にボリュームを出した立体的な胸まわり、立体感のあるバックスタイル。
それら、高い技術と手間暇を要する職人のハンドワークを随所に取り入れることで、シルエットの美しさと着心地の良さを高いレベルで両立させます。今シーズンからは従来のパターンオーダーに加え、仮縫いの段階でクセ取りを行う本格的なフルハンドメイドラインも導入。ヨーロッパのトップテーラーにもひけをとらない、メイド・イン・ジャパンの素晴らしさを、イセタンメンズがご提案いたします。

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

EDITORS’ PICK
2020.01.15 update

EDITORS’ PICK

最新トレンドからメンズ館に新たに登場する新ブランドまでを完全網羅。編集部員が独自目線で切り取った最新情報をお届けする。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ブランドの個性が競い合う、最新レザージャケット8選
2020.01.15 update

【特集】ブランドの個性が競い合う、最新レザージャケット8選

年が明けてから暖冬というニュースが目につくが、暦の上の立春を過ぎれば、寒さの中にも暖かい日差しを感じる日々が到来する。そんな春の到来を待ちつつも、着々と準備を進めておきたいのが大人の装い。ボリューム感のある冬のダウンコートや中綿のコートを脱いで、肌寒さの残る時期でも着られる春のレザーアウターをチョイスした。 春を感じながら軽快に着こなす、2020年春のレザーアウターが到着 実力を誇る名だたるレザーブランドが技術を駆使して仕上げた、軽くて薄い、やわらかな風合いの春のレザーアウターは、それぞれブランドならでは

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の