ページトップへ
CLOSE
  • STYLING TIPS Vol.5 Polo Shirts──ポロシャツの今年の夏らしい着こなし
    2018.06.16 update

    STYLING TIPS Vol.5 Polo Shirts──ポロシャツの今年の夏らしい着こなし

    衿がついていてきちんと見えるのに、動きやすいポロシャツは、夏のワードローブの優等生。スーツに合わせてドレッシィにも、スニーカーに合わせてカジュアルにも。そのコーディネートは実に多彩だ。NEXT>同系色で全体をまとめシックな雰囲気を醸し出す=====►Style 1<フェデーリ>On duty同系色で全体をまとめシックな雰囲気を醸し出すコロニアルテイストが漂うベージュのリネンスーツは夏のリゾートによく映える。そんな一着には、同系色であるサンドベージュのポロシャツを。スト

  • バイヤーが選ぶ“一針入魂” #10──<FEDELI/フェデーリ>|さり気なく一目置かれる大人のリゾート着
    2018.06.13 update

    バイヤーが選ぶ“一針入魂” #10──<FEDELI/フェデーリ>|さり気なく一目置かれる大人のリゾート着

    「男としていい年齢になったら、上質なニットやカットソーを着てほしい」というメンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーのバイヤー山浦勇樹が今回紹介するのは、80年以上の歴史に裏付けられたハイクオリティなものづくりに定評がある<FEDELI/フェデーリ>だ。1934年にサーキットで有名なモンツァで創業した同ブランドは、現在3代目が継ぐニットブランド。超長綿やカシミヤなどラグジュアリーファブリックに特化した製品作りで知られ、特にカシミヤニットはブランドのアイコン的存在で、エジプトの超長綿「ギザコットン」の

  • おんな伊勢丹放浪記③──倉本康子が父の日にうってつけの酒とポロを選ぶ「ポロシャツ編」
    2018.06.12 update

    おんな伊勢丹放浪記③──倉本康子が父の日にうってつけの酒とポロを選ぶ「ポロシャツ編」

    『おんな酒場放浪記』(BS-TBS)の豪快な呑みっぷりで人気の倉本康子さん。あるときは下町の“酒”都、立石で呑んだくれ、またあるときはビートたけしも通った浅草の老舗、捕鯨船で呑んだくれ……しかしてその実体は、モデルで自身のブランドももつファッション畑の人なのです。というわけで、父の日の鉄板アイテム、お酒とポロシャツについて語っていただくのが当企画の趣旨。最終回はいよいよポロシャツだ。第1回「乾杯ビール編」はこちら第2回「日本酒編」はこちら倉本

  • 決め手は『きちんと感』が演出できる1枚!イセタンメンズネット編集部がチョイスする父の日に贈りたいポロシャツ7選
    2018.06.11 update

    決め手は『きちんと感』が演出できる1枚!イセタンメンズネット編集部がチョイスする父の日に贈りたいポロシャツ7選

    2018年の父の日は6月17日(日)です。毎年ギフトによく選ばれているアイテムといえば“ポロシャツ”。定番から、ちょっと変わりダネまで毎年さまざまなブランドからポロシャツが登場しています。なぜポロシャツが父の日のギフトに適しているのか?深堀すると見えてきたのは、襟が付いていて、1枚で「きちんと感」が演出できるということ。一緒に食事やショッピングに出かけた時にも、『かっこいいお父さんでいてほしい』というメッセージが込められていました。そこで、イセタンメンズネット編集部が、メンズ館の6

  • プレゼント選びのプロ、人気女性インスタグラマーが手がけた、父への親愛コラボアイテム
    2018.05.25 update

    プレゼント選びのプロ、人気女性インスタグラマーが手がけた、父への親愛コラボアイテム

    今年の父の日は、6月17日(日)――。今回、三越伊勢丹別注の父の日ギフトとしてポロシャツ・Tシャツ・ネクタイを、人気女性インスタグラマーが手掛けたアイテムが登場。伊勢丹オンラインストアでは5月30日(水)から、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイでは6月6日(水)から販売がスタートします。この別注アイテムのデザインしたのは、1990年生まれ東京都出身の佐藤 匠(たくみ)さん。佐藤さんは、人気女性ファッション雑誌の読者モデルで、インスタグラム(@hello_takumi)のフォロワー数約37千人を誇ります。

  • キーワードは「クラシック」、バイヤーが注目するメンズスタイルの新傾向
    2018.01.12 update

    キーワードは「クラシック」、バイヤーが注目するメンズスタイルの新傾向

    昨年は「クラシック回帰」が注目されたが、今年もメンズスタイルに新たなトレンドが生まれている。たとえばボトムスはプリーツ入りのシルエット主義からカラードパンツの時代へ。ジャケットのインナーはシャツからポロシャツへと変化しそうだ。オフィスの「脱スーツ」化に、ニットアンサンブルの提案が新鮮だ。クラシック系のメゾンやブランド、世界中のウェルドレッサーの傾向など、多様かつ独自の視点からメンズ館5階=ビジネス クロージング担当バイヤー山浦 勇樹がピックアップした最旬のキーワード&アイテムを紹介しよう。TOPIC

  • <ANNA MATUOZZO/アンナ・マトゥッツォ>|伝説のカミチュリアに出会える上質な3日間──"13ポイント"フルハンドで仕立てる特別な1着を
    2017.09.18 update

    <ANNA MATUOZZO/アンナ・マトゥッツォ>|伝説のカミチュリアに出会える上質な3日間──"13ポイント"フルハンドで仕立てる特別な1着を

    2017.09.29 - 2017.10.01

    「インダストリアルなにおいを一切感じさせず、"作品性"を感じられる世界唯一のシャツ」──2016年春夏シーズンに待望の日本再上陸を果たしたイタリア・ナポリ発の伝説のカミチュリア<ANNA MATUOZZO/アンナ・マトゥッツォ>のス・ミズーラ会が今年もメンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイにて開催。来る9月29日(金)から10月1日(日)は、アンナ・マトゥッツオ女史が来店し、お客さま一人ひとりのスタイルに合わせた一着を提案する。シャツ オーダー仕立て上がり 91,800円から*お渡し:約4カ月後

  • <GUY ROVER/ギローバー>|"ビズポロ"の定番<ギローバー>の2018年春夏オーダー会が世界最速で開催
    2017.07.25 update

    <GUY ROVER/ギローバー>|"ビズポロ"の定番<ギローバー>の2018年春夏オーダー会が世界最速で開催

    2017.07.26 - 2017.07.31

    今年のクールビズでベストセラーを記録したのが、メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツで取り扱っているイタリアの名門シャツファクトリー<GUY ROVER/ギローバー>のジャージー素材ポロシャツだ。担当バイヤーの佐藤巧は、その人気の理由を、「店頭にありそうでないデザインと、クールビズの着こなしの変化」と解説。7月26日(水)に開幕する「PITTI IMMAGINE UOMO at ISETAN MEN'S(ピッティ・イマージネ・ウオモ アット イセタンメンズ)」より7月31日(月)まで、“20