ページトップへ
CLOSE
  • 【インタビュー】<リヴォラ>ブランドマネージャー 粟生田 弓|素材がデザインと出合うとき、<リヴォラ>らしいニットが生まれる
    2018.10.17 update

    【インタビュー】<リヴォラ>ブランドマネージャー 粟生田 弓|素材がデザインと出合うとき、<リヴォラ>らしいニットが生まれる

    商品作りの醍醐味や楽しさを尋ねると、「形になって、それがお客さまの手に渡った瞬間のうれしさですね」と答えるのは、ニットブランド<RIVORA/リヴォラ>の粟生田(あおた)弓さん。<リヴォラ>は、デザイナーで代表の鈴木泰宏氏と、ブランドマネージャーの粟生田さんが二人三脚で育んできたブランドだ。その粟生田さんが、10月20日(土)と21日(日)の2日間、メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツに来店し<リヴォラ>の秋冬コレクションをお客さまへ紹介する。これに先立ち、イセタンメンズネットではそのニットへの想いを

  • 【特集】今、着たいニット②|二度と手に入らない<インバーアラン>のデッドストックとオーバーサイズニットを着こなす秋
    2018.10.13 update

    【特集】今、着たいニット②|二度と手に入らない<インバーアラン>のデッドストックとオーバーサイズニットを着こなす秋

    グッと秋めいてきたら着たくなるのが、ソフトな肌触りと温もりを感じるニットだ。スタイリッシュに着こなせる、贅沢な素材使い、職人の手仕事を堪能できるニットなど、「今、着たいニット」をメンズ館から選りすぐり、ブランドごとにご紹介する。【特集】今、着たいニット 関連記事はこちらからハンドメイドならではの個体差がある理由厳しい寒さをしのぐために生まれ、後に地域を代表する特産物へと昇華した「アランセーター(フィッシャーマンニット)」を、品質を落とすことなく現代のファッションアイテムとして世界中に供給するファク

  • 【特集】今、着たいニット①|<ザノーネ>の絶対的エースモデル「CHIOTO」が最大級の品揃えで登場
    2018.10.06 update

    【特集】今、着たいニット①|<ザノーネ>の絶対的エースモデル「CHIOTO」が最大級の品揃えで登場

    グッと秋めいてきたら着たくなるのが、ソフトな肌触りと温もりを感じる“ニット”だ。スタイリッシュに着こなせる、贅沢な素材使い、職人の手仕事を堪能できるニットなど、「今、着たいニット」をメンズ館から選りすぐり、ブランドごとにご紹介する。<ザノーネ>ダブルショールカーディガン 75,600円(全3色展開)*三越伊勢丹限定ニット愛好者が好んで着るメイド・イン・イタリーメンズ館1階=セーター・カジュアルシャツでは、毎シーズン「<ザノーネ>のキョートを買いに来た」という指名買されるお

  • <Kei MACDONALD/ケイ マクドナルド>|機械編みでは表現できない“手編み”ならではの温もり──ハンドニットオーダー会を開催
    2018.08.27 update

    <Kei MACDONALD/ケイ マクドナルド>|機械編みでは表現できない“手編み”ならではの温もり──ハンドニットオーダー会を開催

    2018.08.29 - 2018.09.04

    専属ニッターが一目一目手作業で編む<ケイ マクドナルド>のハンドニット。そのニットを自分好みにオーダーできるイベントを、8月29日(水)から、メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツにて開催いたします。デザイナーのケイ・マクドナルドが自身の名を冠して1997年にスタートした、日本のニットブランド<ケイ マクドナルド>。同氏が得意とするハンドニットは、機械を一切使用しない“オールハンド”で製作されており、手編みならではの温もりが感じられます。秋冬シーズンは、モヘアやアンゴラ、アルパカ

  • <Drumohr/ドルモア>|英国の伝統とイタリアのエッセンスが紡ぐニットコレクション――2018年秋冬早期受注会を開催
    2018.01.24 update

    <Drumohr/ドルモア>|英国の伝統とイタリアのエッセンスが紡ぐニットコレクション――2018年秋冬早期受注会を開催

    2018.01.24 - 2018.02.04

    1月24日(水)から2月4日(日)までの期間、メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツでは、老舗ニットブランド<ドルモア>による早期受注会を開催。メンズ館にて開催の「PITTI IMMAGINE UOMO at ISETAN MEN'S」に合わせ、2018年秋冬シーズンのコレクションをいち早くご紹介し先行受注を承ります。メリノウールスーパージーロンラムズウール1773年スコットランドで設立された<ドルモア>。世界で初めて継ぎ目のない「シームレスニット」考案し、その柔らかな手触りと素晴らし

  • <ZANONE/ザノーネ>|美しいシルエットと着心地の良さは格別!2018年秋冬ニット先行受注会を開催
    2018.01.20 update

    <ZANONE/ザノーネ>|美しいシルエットと着心地の良さは格別!2018年秋冬ニット先行受注会を開催

    2018.01.24 - 2018.01.28

    従来の伝統にとらわれない製法と、独自のマテリアルによるニット作りに定評のある<ザノーネ>が、1月24日(水)から28日(日)までの期間、2018年秋冬のニット先行受注会を開催します。<ザノーネ>は1986年の創業以来、先進的かつ革新的な技術を重ねながら、メイド・イン・イタリーに拘った高級ニットを生み出しています。一見驚くほどシンプルなようでいて、実際はとても手が込んでいる同ブランドのニットウエア。一度袖を通せば、着心地の良さとバランスの取れたスタイルを体感するだけでなく、作り手の審美眼や製品に込めた思いを

  • <イシカワブラシ>|CARE OF WOOL ITEMS――ウール製品のお手入れ
    2018.01.03 update

    <イシカワブラシ>|CARE OF WOOL ITEMS――ウール製品のお手入れ

    なにげなく、シーズンの終わりにクリーニングに出しているウールのアイテム。こまめなブラッシングでケアすることで、アイテムが本来もっている素材感を大切にし、大事な洋服とその風合いを長く楽しむことができるのだ。 洋服ブラシ 上から:54,000円、108,000円、129,600円、162,000円*商品のお渡しは、約4週間後となります。主に、馬の尾脇毛を使用した洋服ブラシをつくるイシカワ。尾脇毛とは、馬の尾の中心部に生えている産毛。当たりの柔らかさとコシの強さがあり、筆などの材料になる高級素材

  • <TOMORROWLAND/トゥモローランド>|豊富なバリエーションから選ぶ、冬のセーターの楽しみ方
    2017.12.11 update

    <TOMORROWLAND/トゥモローランド>|豊富なバリエーションから選ぶ、冬のセーターの楽しみ方

    国内のみならず、海外にも進出するジャパンブランド<TOMORROWLAND/トゥモローランド>は、1978年にニットメーカーとして誕生。創業から40年が経とうとしている現在においても、そのモノ作りは強い信念を持って受け継がれている。今回はそんな<トゥモローランド>の代名詞とも言えるニットのレーベル<TOMORROWLAND tricot /トゥモローランド トリコ>より、冬の装いを彩るセーターを紹介する。今季<トゥモローランド>がおすすめするセーターの数々。寒さがつのるこれからの冬の毎日