ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】今すぐ使える!大人が着るべき高機能アウター7選
    2019.11.01 update

    【特集】今すぐ使える!大人が着るべき高機能アウター7選

    急に朝夕が肌寒くなってきてアウターが必要となってきたが、アウトドアやミリタリー人気の波及から、ユーティリティなデザインが注目を集めている。今回は、さっと羽織れて冬先まで使える便利アウターをご紹介。着丈が長めで男らしくミリタリーな要素が入ったコートから、90年代ストリートの人気復活によって、大人のストリートスタイルとしてすっかり定着したマウンテンパーカやアノラックパーカなどがラインナップ。粗野なデザインでも現代的な機能をしっかり備えて、ブラックカラーで纏えば、大人のミリタリーもスマートな着こなしが可能だ。

  • 【特集】2019年秋冬版!<CANADA GOOSE/カナダグース>ほか、実用性と機能美を備えた最新ダウンジャケット15選
    2019.08.21 update

    【特集】2019年秋冬版!<CANADA GOOSE/カナダグース>ほか、実用性と機能美を備えた最新ダウンジャケット15選

    今から冬本番に向けて、今年のアウターの主役となる、防寒とお洒落を両立できる一着を――ダウンアウターの選択肢として“軽い、動きやすい、温かい”のが当然となった最新シーズン。今年はさらに、機能(アウトドアブランドの本気系)、スタイル(昨今トレンドの都会派)、デザイン(2019年はショート丈が豊作)に分けて、大人にふさわしい傑作ダウンアウターを紹介する。 ■ 世界をリードするアウトドアブランドが本気で作った機能ダウン    ▼ CANA

  • <WOOLRICH/ウールリッチ>|人気モデルが予約可能、2019年秋冬ダウンアウター先行受注会を開催。
    2019.06.19 update

    <WOOLRICH/ウールリッチ>|人気モデルが予約可能、2019年秋冬ダウンアウター先行受注会を開催。

    2019.06.21 - 2019.06.23

    6月21日(金)から23日(日)の3日間、メンズ館7階=メンズオーセンティックでは、名作「アークティックパーカ」をはじめとした<ウールリッチ>のダウンアウターを、ひと足早くご覧いただきご予約を承る先行受注会を開催する。 左:ストームマウンテンジャケット 98,000円右:アークティックパーカ NF 88,000円 1830年に設立された<ウールリッチ>は、ハンター用ジャケットやパンツなど数々のアウトドアウェアを生み出してきた。そんな同ブランドの人気を不動のものにしたのが、1972 年に誕生した不朽の名作「

  • 【特集】梅雨を控えて役立つ、シャカっと軽快「大人の休日アウター」5選
    2019.05.15 update

    【特集】梅雨を控えて役立つ、シャカっと軽快「大人の休日アウター」5選

    朝晩の寒暖差が続いて、着こなしに工夫が必要なこの時期、まだまだアウターは手放せないもの。「ちょっと羽織るものが欲しいな」というときに役立つのが軽量かつ薄手のナイロンブルゾンだ。スポーツトレンドが隆盛の今シーズンも、“シャカシャカ系アウター”は、大人が選ぶべきキーアイテムの一つ。不安定な天候にも負けない快適なライトアウターを選びたい。今回紹介する「大人の休日アウター」は、薄くて軽いので、脱いでもかさばらず、くるっとまとめてバッグにポン。防風・はっ水性に優れた一着を選べば、インナーのチ

  • <WOOLRICH/ウールリッチ>×<GRIFFIN/グリフィン>コラボコレクション第2弾が発売!
    2019.03.20 update

    <WOOLRICH/ウールリッチ>×<GRIFFIN/グリフィン>コラボコレクション第2弾が発売!

    世界の名立たるブランドとのコラボレーションを行う英国ブランド<グリフィン>と、米国の老舗<ウールリッチ>の、2シーズン目となるコラボコレクションが到着!メンズ館7階=メンズオーセンティックにて発売中だ。 あえて裏面で着用するのも、アメリカ的な自由さが感じられる。*リバーシブル仕様ではない為、裏面で着用すると前を閉めることはできません。 1830年にアメリカ初の毛織工場設立からスタートした<ウールリッチ>は、ハンター用ジャケットやパンツなど、数々のアウトドアウエアを開発。その後、アラスカの作業員用防寒ウエア

  • 2018年を3大キーワードで総括!オーセンティックウェア編|リフレッシュオープンであらゆる年代を惹きつけるフロアへ進化
    2018.12.29 update

    2018年を3大キーワードで総括!オーセンティックウェア編|リフレッシュオープンであらゆる年代を惹きつけるフロアへ進化

    2018年もいよいよ終盤、今年もイセタンメンズネットではファッションに関わるさまざまな特集やニュースなどの話題をお届けしてきました。今回は常に注目を集めるフロアである、紳士靴・ビジネスクロージング・オーセンティックウェアの各バイヤーから、1年を象徴する3つのキーワードを軸に2018年を振り返ります。第2弾は、メンズ館7階=オーセンティックウェア担当バイヤーの柴田に話を伺いました。果たしてどんなキーワードを取り上げるのか…要チェック! ▶『2018年を振り返る』記事一覧はこちらから オーセ

  • <WOOLRICH/ウールリッチ>×NY発<エメレオンドレ>注目のコラボコレクションが到着!名品「アークティックパーカ」の新作も登場
    2018.11.09 update

    <WOOLRICH/ウールリッチ>×NY発<エメレオンドレ>注目のコラボコレクションが到着!名品「アークティックパーカ」の新作も登場

    2018.11.14 - 2018.11.27

    11月14日(水)から、メンズ館7階=オーセンティックウェアでは、アメリカ最古のアウトドアブランド<ウールリッチ>プロモーションを開催。アイコンモデル「アークティックパーカ」の新作が登場するほか、NY発ブランド<エメレオンドレ>とのコラボコレクションもお目見えする。1830年に、アメリカ初の毛織工場を設立したことから歩みを始めた<ウールリッチ>。ハンター用ジャケットやパンツなど、数々のアウトドアウエアを生み出し、その後原料から製品までの一貫生産をアメリカ国内で行うブランドとして成長を続け、アメリカ国内はも

  • 真冬のスタイル総仕上げ!あなたの首元をあたたかく華やかに演出するマフラー&ストール
    2017.12.08 update

    真冬のスタイル総仕上げ!あなたの首元をあたたかく華やかに演出するマフラー&ストール

    クリスマス・年の瀬も近づき、寒さも一段と厳しくなりました。冬のアウターと言えばどうしてもネイビーやブラックなどのダークトーンカラーをついつい選びがちですが、マフラー&ストールは防寒アイテムとしてはもちろんのこと、真冬の装いの総仕上げとして選びたいもの。巻き方を工夫してコーディネートのアクセントとして、暖色系のカラーをチョイスすることで顔の印象アップにもつながります。今回はメンズ館の全4フロアから、ビジネス・カジュアルシーン別にまとめてご紹介。さらに、巻き方をレクチャーする動画と合わせて真冬のコーディネート

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言
2019.11.13 update

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言

サロン ド シマジは、元週刊プレイボーイの編集長であり、現在は作家として活躍する島地 勝彦氏がプロデュースをするライフスタイルセレクトショップ。週末には島地氏がバーマンとしてお酒を振舞い、大人の嗜みを教えている。この「今週の格言」では、島地氏直筆による格言とともに、サロン ド シマジで起きた出来事を紹介。提供されたお酒や島地氏本人のコーディネートを毎週更新する。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ
2019.11.13 update

【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ

<Blundstone/ブランドストーン>は、オーストラリア・タスマニア初のシューズブランド。1870年代に英国から移住したブランドストーン夫妻が始めた、輸入靴店がそのルーツである。1940年代にはオーストラリア陸軍にブーツを納品する御用達メーカーとなり、60年代に登場したサイドゴアブーツが一気にブレイクを果たすと、本国を代表するシューメーカーとして認知された。伊勢丹メンズ館ではこのサイドゴアブーツこそ、ドレスとカジュアルがボーダーレスな、いまの時代の足元にとってのリアリティなのではないかと考えている。▼

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

[2019年最新]基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説
2019.11.12 update

[2019年最新]基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説

この1分動画では、実際にスタイリストがマフラーを巻く一連の動作を、細かな解説文と共に指南。お出かけ前でも、鏡の前で動画を見ながらすぐにマフラーの巻き方を覚えられる詳細な解説つき。 「それでも巻き方が分からない…」と感じたら、ぜひ店頭のスタイリストまでお気軽にご相談ください。 マフラーの巻き方動画目次                 合わせて読みたいおすすめ記