ページトップへ
CLOSE
  • <agǹes b. HOMME/アニエスベー オム>|ワークウエアを自分らしく着こなす「LE STYLE」プロモーションを開催
    2018.04.11 update

    <agǹes b. HOMME/アニエスベー オム>|ワークウエアを自分らしく着こなす「LE STYLE」プロモーションを開催

    2018.04.11 - 2018.04.17

    流行に捉われないシンプルで機能的なアイテムを展開する<アニエスベー オム>が、4月11日(水)から「LE STYLE」プロモーションを開催。メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアルでは、ワークウエアを自由に着こなし、着る人それぞれの個性を引き立てるスタイリングを提案いたします。デザイナーであるアニエスベーが、クリエーションルーツの一つとしている「ワークウエア」。“服”としての不可欠な機能性を保ちながらも、色や素材を変えることで新たなスタイルを生み出し、タイムレスなアイテムとして進

  • <Agnes b.HOMME/アニエスベー オム>|アーティストコラボアイテムも登場──ブラックレザーを纏う”パンクロック”スタイル!
    2017.10.18 update

    <Agnes b.HOMME/アニエスベー オム>|アーティストコラボアイテムも登場──ブラックレザーを纏う”パンクロック”スタイル!

    2017.10.18 - 2017.10.24

    アニエスベーが自身の名を冠したブランド<Agnes b/アニエスベー>を設立し、パリにてブティック1号店をオープンしたのが1975年、以降、流行にとらわれないシンプルで機能的なデザインの、長く愛用できるファッションを提案し続けています。10月18日(水)から開催中のプロモーションでは、同ブランドを象徴するマテリアルの一つ、ブラックレザーを用いたアイテムのほか、さまざまなアーティストとのコラボアイテムも豊富にラインナップいたします。 パリのストリートを<アニエスベー>のフィルターを通して表現した今シーズン

  • ジャパンセンスィズ|日本の伝統技法を活かしたカジュアルアイテムが3ブランドから登場
    2017.04.07 update

    ジャパンセンスィズ|日本の伝統技法を活かしたカジュアルアイテムが3ブランドから登場

    3月29日(水)からスタートした、日本の伝統や技術、クリエーションに注目したキャンペーン「JAPAN SENSES(ジャパンセンスィズ)」に合わせ、メンズ館6階で展開している3ブランドから、日本の伝統技法とコラボレーションしたアイテムをご紹介いたします。 <PRINGLE 1815/プリングル 1815>シャツ 18,360円 フロント部分に、縦方向と横方向に縞の向きを変えた小倉織生地をパネル状に配した半袖シャツ。袖・後ろ身頃にはジャージ素材を使い、動きやすさも考えられた、快適な1枚です。 <Agnes

  • 今から春先まで着れるアウター|今日から使える!ビジ・カジ兼用で着回せるコート4選
    2017.02.17 update

    今から春先まで着れるアウター|今日から使える!ビジ・カジ兼用で着回せるコート4選

    春先は“三温四寒”という言葉もあるように気温が不安定でアウター選びが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?冬用の厚手のアウターでは暖房の効いた電車内などでは汗ばむことも、かといって1枚仕立ての薄手コートでは朝晩寒くて耐えられないなんてことも。メンズ館6階=コンテンポラリーカジュアルでは、今から春まで着れるアウターが揃っています。ライナーの着脱や重ね着を想定してデザインされたアウターなら、その日の気温や服装に合わせて長く着回せます。今回はビジ・カジ兼用で使えるアウター編をご

  • <Agnes b.HOMME/アニエスベー オム>|日本を代表するデニム産地で開発したオリジナルデニムを使用したアイテムが登場
    2017.01.06 update

    <Agnes b.HOMME/アニエスベー オム>|日本を代表するデニム産地で開発したオリジナルデニムを使用したアイテムが登場

    岡山県児島地区にて、伝統的なデニムに革新的な挑戦を続けている「ショーワ」。伊勢丹新宿店全館キャンペーンに合わせて、<アニエスベー オム>ではオリジナルデニムを開発し、ジャケット・パンツ・キャップの3アイテムへ落とし込みました。 ジャケット 48,600円 挑戦を続けるデニム一大産地だから出来た技――― 岡山県児島地区は、デニムの製作地として世界的にも有名な場所。1960年代に国産初のデニムパンツをつくった地としても知られており、最新のノウハウでビンテージデニムを再現することに情熱を燃やすと共に、デニムの新

  • <agnes b.HOMME/アニエスベーオム>|オリジナル「白耳」セルビッチ生地を使用したデニムや、アーティストコラボのTシャツなどを伊勢丹先行販売
    2016.05.06 update

    <agnes b.HOMME/アニエスベーオム>|オリジナル「白耳」セルビッチ生地を使用したデニムや、アーティストコラボのTシャツなどを伊勢丹先行販売

    <アニエスベーオム>のブランドを代表するカラー、ブラック&ホワイト。2016年の盛夏向けコレクションでは、”NOIR et BLANC”をテーマに掲げシックなフレンチカジュアルを楽しめるアイテムが登場しています。オリジナルのセルビッチ生地を使用したブラックデニムや、アーティストがデザインを手掛けたコラボレーションTシャツを伊勢丹先行販売でご紹介しています。同ブランドらしいシンプル&ミニマルにこだわった「白耳」オリジナルセルビッチ生地を使用したデニム。ベーシックデニムとして着こなしや

  • <agnès b. HOMME/アニエスベー オム>|コンセプトは「流れる建築」 新たにデザイナーを迎え、新ラインがデビュー
    2016.02.13 update

    <agnès b. HOMME/アニエスベー オム>|コンセプトは「流れる建築」 新たにデザイナーを迎え、新ラインがデビュー

    シャツ 35,640円、パンツ 38,880円、スニーカー 35,640円、ベルト 15,120円<アニエスベー>は2月17日(水)、同ブランドから新たにデビューした、パリとベルリンをベースに活動するデザイナー、ジェローム・ピエールによるカプセルコレクション<Jerome PIERRE chez agnès b./ジェローム ピエール シェ アニエスベー>を発売。<アニエスベー>らしい上質な素材使いで、着心地や軽やかさにこだわったデイリーウェアがラインナップします。左/ジャケット 72,36

  • 1

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY SHOP NEWS
2019.11.13 update

MEN'S CONTEMPORARY SHOP NEWS

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】<PELLE MORBIDA/ペッレ モルビダ>と考える、本当に必要な仕事鞄の条件
2019.11.13 update

【特集】<PELLE MORBIDA/ペッレ モルビダ>と考える、本当に必要な仕事鞄の条件

スマホひとつでプライベートもビジネスもこなせる時代、毎日の仕事に持ち歩く鞄はどうあるべきだろう。仕事鞄に必要な機能とは?デザインは?そもそも本当に仕事鞄って必要なの? そこで、伊勢丹メンズ館のバッグ担当者が同世代のビジネスパーソンと、毎日の仕事に必要な鞄のリアルなところを語り合いました。 参加してくれたのはこの4名 藤本千也乃さん 広告制作会社に勤務。取材や打ち合わせに書類やノートPCを持ち歩くことが多いため、仕事に使える鞄を探しに伊勢丹メンズ館のビジネスバッグ売り場をチェックすることもあるそう。

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

【2019年最新版】基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説
2019.11.12 update

【2019年最新版】基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説

この1分動画では、実際にスタイリストがマフラーを巻く一連の動作を、細かな解説文と共に指南。お出かけ前でも、鏡の前で動画を見ながらすぐにマフラーの巻き方を覚えられる詳細な解説つき。「それでも巻き方が分からない…」と感じたら、ぜひ店頭のスタイリストまでお気軽にご相談ください。 マフラーの巻き方動画目次                 ■合わせて読みたいおすすめ記