ページトップへ
CLOSE
  • JAPAN MADE PRIDE──手間暇かけて熟成された、日本のものづくり|#1 <YINDIGO A M/インディゴ エィエム>
    2018.10.25 update

    JAPAN MADE PRIDE──手間暇かけて熟成された、日本のものづくり|#1 <YINDIGO A M/インディゴ エィエム>

    日本には、唯一無二のものづくりが息づいている。複雑な工程や緻密な作業を経て 完成したアイテムは、身に着ける者を魅了する美しさと心地よさを兼ね備えている。「JAPAN SENSES」■10月31日(水)~11月13日(火)▶日本のものづくりにフォーカス!「JAPAN SENSES」に関する記事一覧はこちら左/明治時代から続く日本茶貿易商の家系 に育ったインディゴ・A・モチヅキ氏が 2015年にスタートしたブランド。カシミヤ 80%と、ミンクよりも長くつややかなセー ブル20%をブレンドすることで

  • 紳士肌着担当者が推す!オンラインストアで買える“おしゃれ”ボクサーパンツ全4ブランド
    2018.10.13 update

    紳士肌着担当者が推す!オンラインストアで買える“おしゃれ”ボクサーパンツ全4ブランド

    常に肌に触れているアンダーウエア(パンツ)ですがよ~く見てみると、ゴムが伸びていたり、生地がヨレてしまったり…クタクタになっていませんか?衣替えの季節となれば、スーツやジャケット・コートなどは入れ替えをするのに、肌着は案外忘れがちという方も多いはず。今回は、IMn肌着特集でもお馴染み、紳士肌着担当のアシスタントバイヤー大橋が、伊勢丹オンラインストアで買える機能性・見た目重視のボクサーパンツをご提案します。肌着も気持ちも入れ替えれば、仕事のパフォーマンスも向上するかも!?快適性に直結!機能性

  • <Look Sea/ルクシー>|一度着たら手放せない!“シルク”の心地の良さを体感
    2018.10.06 update

    <Look Sea/ルクシー>|一度着たら手放せない!“シルク”の心地の良さを体感

    2018.10.03 - 2018.10.16

    快適で心地良い“シルク素材”にこだわったカジュアル&リラクシングウエアを展開する<ルクシー>が、10月3日(水)からメンズ館地下1階にて期間限定ポップアップを開催。秋の夜長をゆったり過ごすのにおすすめのナイトウエアやガウンをはじめ、通常メンズ館ではお取扱いのないアイテムを豊富にラインナップしご紹介中だ。左から:スウェット 25,704円、パジャマシャツ 38,664円、パジャマパンツ 36,504円、ボクサーパンツ 12,744円人の肌に似た「タンパク質」でつくられているシルク

  • 男の祭典、紳士ファッション大市が開幕──10月3日(水)より2週に渡り開催!
    2018.09.26 update

    男の祭典、紳士ファッション大市が開幕──10月3日(水)より2週に渡り開催!

    2019.10.03 - 2018.10.15

    伊勢丹新宿店で開催される紳士ファッション大市。秋らしい色柄のスーツやジャケット、冬の主役になるコート、メンズ館の人気ブランドのカジュアルウエアまで揃うメンズファッショセールです。紳士ファッション大市PART 1特別ご招待日:10月2日(火)特別ご招待日は会場受付にてエムアイカードをご提示ください。10月3日[水]〜9日[火]最終日午後4時終了 本館6階=催物場ビジネスウエア・インポートブランド・革小物・ベルト・ドレスシャツ・ネクタイ・シーズン雑貨・肌着・靴下・ナイトウエア

  • <TOOT/トゥート× Airmerry/エアメリー>|2大ブランドが初共演!暖かさと着心地に拘った秋冬限定アイテムが誕生
    2018.09.25 update

    <TOOT/トゥート× Airmerry/エアメリー>|2大ブランドが初共演!暖かさと着心地に拘った秋冬限定アイテムが誕生

    三越伊勢丹による、日本のメンズ肌着マーケットの未来に向けたコラボレーション第2弾が実現!メンズラグジュアリーアンダーウエアブランド<トゥート>と、長年愛され続けている肌着ブランド<エアメリー>がコラボレーションしたボクサーパンツとインナーシャツが、メンズ館地下1階=紳士肌着・ナイトウエア・ルームウエア・靴下・ハンカチに登場。9月19日(水)より販売を開始しています。<TOOT×Airmerry>Vネックシャツ 7,344円ボクサー 5,184円長年の研究のもとに快適な着心地と暖かさを追求

  • 伊勢丹メンズと雑誌『2nd』がコラボした新進気鋭のバカ売れ靴下、<CHICKSTOCKS/シックストックス>はご存じ?
    2018.09.21 update

    伊勢丹メンズと雑誌『2nd』がコラボした新進気鋭のバカ売れ靴下、<CHICKSTOCKS/シックストックス>はご存じ?

    メンズ館地下1階=紳士肌着で、今年2月に入荷して半年後には売上トップの座を奪うという快挙を成し遂げたブランドがある。それが<CHICKSTOCKS/シックストックス>だ。発端はブランドマネージャーである前田竜彦が、オフィスで交わした「靴下って、どこのブランドの履いてる?」という何気なく会話だった。 伊勢丹オンラインストアで<シックストックス>の商品一覧を見る前田「そういえば、これって言えるブランドは無いんじゃないか? それなら自分たちで作ってみようか、というわりと軽い感じです。ただ日本

  • 凄さを実感!パジャマ初心者も挑戦して欲しい「オーダーパジャマ」
    2018.09.20 update

    凄さを実感!パジャマ初心者も挑戦して欲しい「オーダーパジャマ」

    2018.09.19 - 2018.10.02

    睡眠の質を上げるツールの一つとして、今注目度が高まっている「パジャマ」。自宅で過ごす時間がより豊かで充実した時間になって欲しい‥そんな思いを込め今回メンズ館ではパジャマのオーダー会を、9月19日(水)から開催いたします。<ファミリエンツァイト>寝間着もお洒落にこだわりたいという方はもちろん、Tシャツやスウェットを寝間着にしていたパジャマ初心者の方や、既製のパジャマではサイズが合わないという方にも。今回のオーダー会では、お好みの生地やディテイルが選べるのはもちろん、上下のサイズをそれぞれお選びいただける

  • NEW MATES──次代を担う、新たな創造性|#21 着心地を追求し、 まるで“第2の肌”
    2018.09.08 update

    NEW MATES──次代を担う、新たな創造性|#21 着心地を追求し、 まるで“第2の肌”

    時代の流れに寄り添うべく、今秋から新たに取扱いを始める4つのブランド。老舗の復刻から、つくり手の感性が光る気鋭ブランドまで、その魅力をひもとく。1923年のモデルを忠実に再現。超長綿の上質素材で滑らかな肌触り。半袖ヘンリーネックシャツ12,960円■メンズ館地下1階=紳士肌着・ナイトウエア・ルームウエア・靴下・ハンカチ*9月12日(水)より展開予定1875年創業の老舗、<Schiesser/シーサー>。素材、縫製、そしてパッケージまでこだわることで欧州有数の下着ブランドとして名を馳せた。そして、古きよ

  • 緊急調査!今日から1枚プラスしたい“酷暑”を乗り切るインナーありますか?
    2018.08.17 update

    緊急調査!今日から1枚プラスしたい“酷暑”を乗り切るインナーありますか?

    日本気象協会の長期予報(1ヵ月予報)によると、関東・甲信越は平年より気温、降水量ともに高いそうです。まだまだ続く酷暑対策として、「パンツの下はロンパンを穿けばOK」ですが、シャツの下の“不快な思いを軽減する”のも、やはり1枚肌着をプラスするのがポイント。紳士肌着担当のアシスタントバイヤー大橋は、「夏の肌着の役割は、不快指数を100から70~80に抑えること。それだけでもかなり快適に過ごすことができます」と言います。今年お客さまから多く寄せられている「いかに涼しく過ごせるか?」に答え

  • 酷暑に負けない夏下着、今穿くべきは進化を続ける「包帯パンツ」
    2018.08.08 update

    酷暑に負けない夏下着、今穿くべきは進化を続ける「包帯パンツ」

    夏の汗対策は下着から──イセタンメンズネットでは、快適な夏を過ごすための近道として、「パンツの下にロンパンを穿く」ことを強く推奨してきたが、父親世代の「ステテコ・ズボン下」のダサいイメージはまだまだ離れない。今回は、「機能的には申し分ないが、もうちょっと格好良く穿ける“夏下着”を探したら」をテーマに、酷暑を乗り切る"快適パンツ"を紹介。ご存知、<SIDO/シドー>の「包帯パンツ」に新作が登場しさらに進化。包帯パンツを発明した野木志郎氏と、メンズ館地下1階=紳士肌着のアシスタントバイ

  • 【インタビュー】<CLOUDY/クラウディ>銅冶勇人|作り手とお客さまと一緒に「チーム・クラウディ」の輪を広げていく
    2018.07.24 update

    【インタビュー】<CLOUDY/クラウディ>銅冶勇人|作り手とお客さまと一緒に「チーム・クラウディ」の輪を広げていく

    アフリカの民族の色柄、伝統の織、特産品などを中心に扱い、“アフリカンテイスト”を大胆に取り入れたアパレルブランド<CLOUDY/クラウディ>が7月31日(火)までポップアップを開催中だ。メンズ館地下1階=紳士肌着で披露されるのは、アフリカ・ガーナの象徴的な民俗柄の中でもモダンに映えるシャツや"ポケT"、ポーチなど、現地のファブリックを使用したものばかり。今回は、<クラウディ>を展開する株式会社 DOYA代表の銅冶勇人(どうやゆうと)氏にインタビュー。ポップアップ初日に来店した同氏に

  • バイヤーが選ぶ“一針入魂” #12|極上の素材感と希少な吊り編み機による「白T」がこの夏ベストバイ
    2018.07.20 update

    バイヤーが選ぶ“一針入魂” #12|極上の素材感と希少な吊り編み機による「白T」がこの夏ベストバイ

    メンズ館地下1階=紳士肌着で年々売上を伸ばしている「白T」。ワークスタイルの変化で、アーバンスポーツなどに代表される化繊系のセットアップスーツのインナーに白のTシャツを着るのが定番になり、素材にこだわったクオリティが高い白Tの注目度が俄然アップ。バイヤーが選ぶ“一針入魂” 第12回目は、<PARAPHERNALIA/パラファナリア>の白Tに注目。マーケットでも希少な「吊り編み機」で編み立てた「吊り天竺」を使用したものでTシャツは、コーディネートアイテムとしてはもちろん、着心地がいい