ページトップへ
CLOSE
  • BRAND INDEX

    Theory / セオリー

    6F=メンズコンテンポラリー 7F=背の高い方&大きいサイズのスーパーメンズ

  • 脱・就活スーツ!新社会人のための正しいビジネススタイルを、メンズ館スタイリストがナビゲート
    2019.03.29 update

    脱・就活スーツ!新社会人のための正しいビジネススタイルを、メンズ館スタイリストがナビゲート

    もうすぐ新年度ということで、フレッシャーズは入社式を間近に控えている頃だろう。ところで、まさか就活で着用したスーツで出社しようと考えていないだろうか。「リクルートスーツ」は学生が着るもの。社会人の「ビジネススーツ」とは別物と心得たい。今回は4月に三越伊勢丹に入社が内定している学生に協力してもらい、伊勢丹新宿店メンズ館でスタイリストやバイヤーと一緒にフレッシャーズに相応しい「好印象なビジネススタイル」を考えてみた。入社後は店頭に立つ彼らが主役だが、流通業界に限らず幅広い業種に当てはまるスタイリングアドバイス

  • スタイリスト青柳光則がフレッシャーズに指南!<ブルックス ブラザーズ>のVゾーンコーディネート
    2019.02.15 update

    スタイリスト青柳光則がフレッシャーズに指南!<ブルックス ブラザーズ>のVゾーンコーディネート

    「社会人になったからにはリクルートスタイルとは一線を画して、セオリーに忠実にビジネスシーンでのおしゃれを楽しんでもらいたい」とフレッシャーズにエールを贈るメンズ館7階=オーセンティックウェアのセールスマネジャー、太田陽介。「ブルックス ブラザーズに始まり、ブルックス ブラザーズに終わる」といっても過言ではない男の基本のスーツ、ブレザーでファッションディレクター、スタイリストとして活躍する青柳光則氏にフレッシャーズのためのVゾーンコーディネートを依頼した。華々しい社会人デビューを飾るためにも、参考にしてみて

  • ビジネスシューズは"平日5日間を3足でローテーション"すべき!──バイヤーが選ぶ、揃えておくべき「鉄板の3足」とは?
    2018.12.15 update

    ビジネスシューズは"平日5日間を3足でローテーション"すべき!──バイヤーが選ぶ、揃えておくべき「鉄板の3足」とは?

    ビジネスマンの1週間に、なぜ3足必要なのか? 「靴を休ませる」ことはシューケアへの第一歩。長く履き続けるためには必要なことだ。それに、足は思った以上に汗をかくから、しっかり乾燥させて履くために「中1日」は休ませたいところ。会議や外回り、打ち合わせと、働く男たちがさまざまなシーンでの履き分けができるよう珠玉の3足を提案、これさえあれば安心のラインナップだ。紹介するのは、メンズ館地下1階=紳士靴担当バイヤーの福田隆史、同アシスタントバイヤー宮下創太、そしてイセタンメンズネット編集長の田代径大。「装いとシーンの

  • 【インタビュー】南祐太|<MINAMI SHIRTS/ミナミシャツ>の至高の型紙。
    2018.11.06 update

    【インタビュー】南祐太|<MINAMI SHIRTS/ミナミシャツ>の至高の型紙。

    これまでに引いた型紙およそ2000枚。その門を叩いた人のほとんどがリピーターになり、多い人で年間10枚超、平均でも3〜4枚のシャツをオーダーするのが<MINAMI SHIRTS/ミナミシャツ>だ。このたび、伊勢丹新宿店メンズ館で初のトランクショーを開催することが決まった。会期は11月11日の一日限り。夜になれば墨を流したような空に包まれる、千葉は流山市の住宅街にアトリエを構える南祐太を訪ねた。 <MINAMI SHIRTS/ミナミシャツ>を主宰するオーナー兼職人の南祐太氏 イベント情報 <ミナミシャツ

  • Vol.07 西山茉希|あれも欲しい、これも欲しい、欲張りな絵
    2018.09.12 update

    Vol.07 西山茉希|あれも欲しい、これも欲しい、欲張りな絵

    ISETAN MEN'S netにて新たに始まった連載企画「ART UP by International Creators」。本企画では、従来より密接な関係にある「ファッション」と「アート」にスポットを当て、様々なアーティストをキュレーション&紹介していく。第4弾として登場するのは、ファッション・モデル、タレントとしても活躍する西山茉希。二児の母としての顔を持つ彼女だが、近年ではその絵の才能にも大きな注目が集まっている。今回は彼女の絵描きとしての側面にフィーチャー。そのバックボーンを探ることに。 イベ

  • HELLO! NEW ZEALAND WINE!ニュージーランドでワインを造る3 人の日本人のそれぞれ
    2018.04.23 update

    HELLO! NEW ZEALAND WINE!ニュージーランドでワインを造る3 人の日本人のそれぞれ

    ワインといえばヨーロッパですが、いま「ニューワールド」と呼ばれる次なるワインの生産地に、世界中から若手の醸造家たちが集まっているといいます。そんなニューワールドのひとつ、ニュージーランドで三者三様のワイン造りを行う日本人ワイナリーをご紹介します!  〈キムラセラーズ〉木村滋久さん ►好きだから、王道をゆく 〈フォリウム ヴィンヤード〉岡田岳樹さん ►セオリーを覆したワイナリー 〈コヤマワインズ〉小山竜宇さん ►畑の魅力を引き出す醸造家 ===== 木村滋久さん 好きだから、王道を

  • 「着られる服がない」をバイヤーがすぐに解決! Vol.1──体型でお困りの方は、スーパーメンズでオシャレに強くなる
    2018.03.13 update

    「着られる服がない」をバイヤーがすぐに解決! Vol.1──体型でお困りの方は、スーパーメンズでオシャレに強くなる

    体型そのものに悩みはなくても、「服選び」には困っているというビッグ&トールメンズに、メンズ館7階=背の高い方&大きいサイズのスーパーメンズ(以下スーパーメンズ)がご要望のすべてを叶える!ワンストップでオン・オフの幅広いシーンに応える品揃えが魅力のスーパーメンズの最新スタイルに注目したい。 関連商品はこちら 伊勢丹オンラインストアで「紳士大きいサイズ・スーパーメンズ」の商品一覧を見る」  伊勢丹新宿店メンズ館販売担当マネージャーの渡辺知宏(左)とメンズ館7階=スーパーメンズ担当バイヤーの今泉洋祐(

  • 【イベントレポート】『THE RAKE JAPAN』×ISETAN MEN'S──クラシコ・アジアに酔いしれた夜
    2018.01.07 update

    【イベントレポート】『THE RAKE JAPAN』×ISETAN MEN'S──クラシコ・アジアに酔いしれた夜

    ゲストを招いたクラシックの夕べ ジャズの生演奏が始まった。凛々しくタイドアップした紳士たちと華やかなカクテルドレスを纏った淑女たち。事前にアナウンスされていたドレスコードは「COOL RAKISH」だ。思い思いの装いで会場は埋め尽くされ、カクテルグラスを傾けながら服飾談義に興じている。なかでも目を引いたのは、ダークなネイビーストライプスーツに白いボタンダウンシャツ、小紋柄のタイを締めたひとりの紳士だ。けっして目立つ服ではないはずなのに、その着こなし、フィッティング、そして立ち居振る舞いまで

  • HYBRID RENAISSANCE──新旧の融合が生む、上質な機能性【The Gentlemens Makers|2017 Spring】
    2017.02.26 update

    HYBRID RENAISSANCE──新旧の融合が生む、上質な機能性【The Gentlemens Makers|2017 Spring】

    ハイテクとローテクが共存する現代社会の、上位概念は“機能的である”ということ。アクティブな素材感やモバイルを意識した仕立ては、まさに新しいジェネレーションに向けたギアの面目躍如。 <ジル・サンダー>ジャケット 199,800円、シャツ 52,920円、パンツ 79,920円*ジャケット・パンツはメンズ館限定*すべて3月中旬から■メンズ館3階=インターナショナル デザイナーズ 「メトログラフ」は、ニューヨークのローワー・イーストサイドの倉庫をリノベーションしてつくられたアートハウスシ

  • メンズ館のクリアランスセールを攻略する!売場担当者が語る「ここだけの話」──カジュアル編
    2017.01.03 update

    メンズ館のクリアランスセールを攻略する!売場担当者が語る「ここだけの話」──カジュアル編

    1月11日(水)からスタートする伊勢丹新宿店クリアランスセール。同じカジュアルフロアでも特徴の違いは?初日と2日目、狙い目なのはどちらか?意外と知られていないセールになるアイテムは?などなど。伊勢丹新宿店メンズ館のクリアランスセールでカジュアル系アイテムを狙っているお客さまには必見の、売場担当者4名の座談会を。 ▶伊勢丹新宿店「2018 夏のクリアランスセール」は、6月29日(金)スタート──狙うべき注目アイテムはWEBでチェック!   攻略その1 それぞれのカジュアルフロアの特徴を知ろう

  • ONLY MI -お客さまの声を三越伊勢丹の手で-|春の足元は「自分だけの青」で魅せる
    2016.02.29 update

    ONLY MI -お客さまの声を三越伊勢丹の手で-|春の足元は「自分だけの青」で魅せる

    ファッショントレンドの流れとともに、シーズン毎に高まるネイビーカラーへの関心度。それに応えるかのように今シーズン、メンズ館地下1階=紳士靴にはとにかくネイビー(ブルー)が豊富に揃います。バイヤーの中村良枝は、「ビジネススタイルではベルトと靴の色をあわせるのがひとつのセオリーなだけに、どちらも揃えやすい黒と茶は不動の定番色でした。そのセオリーは変わらずとも、仕事服がファッション化する中で新たな定番色としてメンズ館が提案するのがネイビーです。紺ジャケットに白パンツ、その足もとにはネイビーシューズ。オン・オフ問

  • ALOHA!PEOPLE | イセタンメンズアテンダントが厳選、ワンランク上のハワイスタイル<後編>
    2015.04.27 update

    ALOHA!PEOPLE | イセタンメンズアテンダントが厳選、ワンランク上のハワイスタイル<後編>

    イセタンメンズでは現在、トラベラーズウィークと題して、ハワイにまつわるヒト・モノ・コトに注目し、大人が楽しめる新しいハワイをご提案しています。会期中、館内ではハワイにふさわしいファッションアイテムを豊富にラインナップ。GWも間近となり、そろそろ旅支度の方も多いはず!お気に入りのファッションを身にまとい、旅先で“暮らすように過ごす”自分だけのリゾートライフを演出してみてはいかがでしょうか。前回に引き続き、お届けするのはイセタンメンズを知り尽くすメンズアテンダントの髙野一彦による、旅先

  • 1