2020.01.10 update

あなたの足に最良の靴を #4|新たにシューカウンセラーの資格を得た髙橋が叶える、お客さま目線での靴選び

シューカウンセラーのバッジを左胸に付けると、「背筋がしゃんと伸びます!」というのは、シューカウンセラー(伊勢丹社内資格)を取得した髙橋健志、26歳。2014年の入社以来、紳士靴一筋で、ハイエンドを皮切りに、現在はクラシックゾーン中心に接客。3万円前後の靴を揃えるモデレートやトレンドを発信するシューズラボまで幅広くカバーしています。
店頭での実際のカウンセリングのプロセスも交えながら、髙橋が目指す理想のシューカウンセラー像に迫ります。


シューカウンセラー 髙橋健志

好きな“紳士靴”に囲まれながら、仕事ができる幸せ



「スニーカーが好きで靴の専門学校で勉強していくうちにドレスシューズの魅力にも気がつき、メンズ館地下1階=紳士靴の売り場を見たときに、ブランド数や陳列に圧倒されて、“ここで働きたい”と思いました」と髙橋。

自分は靴を作るより、人と話をするのがとても好きなので、自分が好きなアイテムに囲まれながら、好きな接客をして、毎日が幸せです。世界一の靴売場で働けることを誇りに思いますとアピール。

お客さまの接客について、髙橋が最も印象に残っているストーリーがあるそうで・・・。
「自分が入社してすぐに、セレモニー用の靴を探しに来た親子のお客さまを接客し、10足ほど試着しましたが結局購入には繋がりませんでした。しかし後日、お電話で、“対応がしっかりしていて時間をかけてもらいうれしかった”とのお褒めの言葉をいただき、とてもうれしかったです」と振り返り、シューカウンセラーを目指すきっかけにもなったそうです。


シューカウンセリングの様子

髙橋によるシューカウンセリングの流れ



▶STEP.1_お客さまのリクエストをお伺いする

本日のお客さまのリクエストは、「ビジネスカジュアルで履けるゴム底(ラバーソール)の靴」というもの。ビジカジがすっかり定着して、春夏に人気のスリッポンが年間定番になったり、スニーカー通勤の普及も肌で感じている髙橋ですが、「靴はスタイリングの全体を整えるもの」という信条のもと、ご予算を聞いて、スリッポンほどカジュアルではない靴を想定します。

▶STEP.2_足の測定

裸足のまま足の計測に入ります。測るのは「足長」「足幅」「足囲(ウィズ)」。
お客さまには肩幅に足を開いて、計測中は真っ直ぐ前を向いていただきます。右足は甲の高さが比較的あり、踵はしっかりある形状で、足長は25.5cm、足囲はDとEの間。左足の足囲はCとDの間と計測しました。

シューカウンセリングの様子
▶STEP.3_足の個性を確認

本日のお客さまの足は、左右の足に差はほとんどなく、土踏まずもしっかりあって、スポーツタイプの健康的な足で、靴を選びやすい足と判断。シューカウンセリングは、お客さまの足型を理解して、ブランドの特徴や木型(ラスト)とマッチさせていく仕事。多くのお客さまの足を見ながら、日々勉強していると話します。


<パラブーツ>「POE」71,500円

<パラブーツ>「POE」71,500円
メンズ館地下1階=紳士靴




お客さまの好みも反映して選んだ“好適な一足”とは



「ビジネスカジュアルで履けるゴム底(ラバーソール)の靴」というリクエストで髙橋がオススメしたのは、ゴム底のダブルモンクストラップで、サイズ6の<パラブーツ>の「POE」モデル。

「お客さまは、ビジネスカジュアルでも比較的ハードに履かれるそうで、スーツにもたまに合わせるし、デニムなどの普段のスタイルにも履きたいとのことで、二の甲(足囲)が薄めになっていて、ドレスでも使える全天候型の「POE」をセレクトしました。」と髙橋。

さらに、「POE」を選んだ理由について、これまでON・OFF兼用で支持されて来た<パラブーツ>ですが、ダブルモンクストラップの定番と言えば「ウィリアム」が主流だったが、スーツの足元には、ややトゥが丸すぎて合わせにくいという一面も。
しかし、この「POE」は幅の広さは変わらずニの甲が薄く、トゥも少し長い。ソールの厚みも薄くして全体的にシャープなデザインで、ビジネスでも使いやすいモデルとおすすめしてくれました。


シューカウンセラー 髙橋健志

「最良の一足を見つけるための髙橋なりの法則」とは



シューカウンセラーとしての強みを尋ねると、「お客さまの靴の話や悩みを聞いて、それをリアルに感じ、お客さま目線で最適な靴を選べるところです。学校と売り場で学んでいる実用性に加えて、オシャレの感覚は5階=メンズテーラードクロージングが僕の先生ですね。メンズ館に育ててもらっています」と笑顔を。

今後は、更に上の資格「マスターシューカウンセラー」を目指しながら、「お客さまのことを第一に思って、お客さまに一番近い存在でいたい」と話します。
ぜひ靴選びに困ったら、「シューカウンセラーサービス」をご利用ください。


シューカウンセラーサービス概要
□受付時間=午前10時30分~午後7時まで
□費用:無料
□場所:メンズ館地下1階=紳士靴
□所要時間:約1時間

ご予約方法
□オンライン予約:専用ご予約サイトの上、ご希望の日時をお選びいただき、内容に沿ってお申込みください。
*専用サイトのご利用には会員登録が必要です。

□お電話予約:ご希望の日時をお選びの上、下記予約受付までご連絡下さい。
お問い合わせ:メンズ館地下1階=紳士靴/03-3225-2755(直通)
*お電話でのご予約の際には、「シューカウンセラーサービス予約について」とお伝えください。
*ご予約に関しましてはご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。


紳士靴のおすすめ関連記事はこちらから
■シューカウンセラーに関する記事はこちら
【特集】ドレスシューズ新時代、いま革靴の選び方が変わる!
【動画】2万円と3万円どっちの靴が買い?!伊勢丹メンズ館が手がける、驚きのコスパ靴の秘密
"ローファー国別対抗戦"──英・伊・日の新名靴15傑
■その他紳士靴に関する記事一覧はこちら




*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館地下1階=紳士靴
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら