【対談】次代を担う若きサルトの競演

この秋、テーラー山口信人が主宰する<LA SCALA/ラ・スカーラ>が、イタリア・ナポリで40年以上の歴史を持つ人気シャツブランド<Vanacore/ヴァナコーレ>とのコラボレーションプロジェクトをスタート。10月26日(土)と27日(日)の2日間に渡って行われるトランクショーを前に、次代を担う若きサルトふたりに、「Vanacore for LA SCALA」について語ってもらった。

 


<LA SCALA/ラ・スカーラ>を主宰するテーラー山口 信人(左)とイタリア・ナポリのシャツブランド<Vanacore/ヴァナコーレ>の2代目サルヴァトーレ・ヌンツィアータ(右)

 

山口 モノづくりの国であるイタリアにおいて、優良な作り手が高齢になる中、サルヴァトーレさんのように新たな担い手は増えているのですか?
サルヴァトーレ 特にドレスアイテムにおいては、我々のような若い作り手はナポリでも減少傾向にあります。一つの原因にあげられるのは、ドレスシャツそのものを普段から着る人が減ってきていること。私たちの世代はカジュアルな格好をする人が特に多く、そうなれば必然的に需要が少なくなり、興味のある人達が減ってきているのが現状なのです。そんな中、山口さんのように、若いサルトが日本で活躍していることは私にとっても非常に嬉しいことです。
山口 今回のプロジェクトをどう感じていますか?
サルヴァトーレコラボレーションに関しては、今までさまざまなテーラーともしてきましたが、この依頼を受けて、やはり印象的だったのは山口さんのような若いサルトと取り組めたということです。ビスポークに魅了されている若者が少なくなっている中、山口さんとのコラボレーションは非常に挑戦しがいのあるプロジェクトだと感じましたし、率直に嬉しかったです。
山口 ありがとうございます。


サルヴァトーレ 山口さんが作るものは丁寧に裁断・縫製をし、お客さまにとって最良な一着であることを考えながら、一針一針丁寧に仕立ています。ですので、今回のコラボレーションで拘った25ポイントハンドメイドや襟やカフス、剣ボロ、肩ヨークにまでも装飾的にステッチを施したのですが、彼と取り組む意味を考えれば、ここまでして当然だと思っています。
山口 今回のコラボレーションの中でおすすめの襟型はありますか?
サルヴァトーレ 襟型でオススメなのは、「YUKI/BD」です。伊勢丹メンズ館の山浦さん(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング担当バイヤー)に作った襟型で、私個人としても気に入っていますし、是非ともお客さまにもオススメしたい襟型の一つです。

 

 

 お好みのスタイルに合わせてスタイリストを指名!

▶メジャーメイド「ショップ予約」

 
イベント情報
<ラ・スカーラ>・<ラ・スカーラ×ヴァナコーレ>オーダー会
□10月26日(土)・27日(日)
□メンズ館5階=メイド トゥ メジャー
▶︎イベント詳細はこちら

<ラ・スカーラ>オーダー詳細
■価格:オーダーメイドスーツ仕立て上がり(仮縫い付)493,900円から、メイド トゥ メジャースーツ仕立て上がり 141,900円から、メイド トゥ メジャーコート仕立上がり 141,900円から
■お渡し:オーダーメイドスーツ 約3か月後から、メイド トゥ メジャースーツ・コート 約5週間後から

<ラ・スカーラ×ヴァナコーレ>オーダー詳細
■価格:オーダーシャツ仕立て上がり 42,900円から
■お渡し:約3か月後から

*採寸会は予約制です。ご来店を希望のお客さまは下記まで、お問い合わせください。
*ご予約に関しましてご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。
 

Photo&Text:ISETAN MEN‘S net

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館5階=メイド トゥ メジャー
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら