よりエレガンスに、より快適に、より新しくを目指して創設した「アウター専業ブランド」の勢いが止まらない。名だたるメゾンブランドの製造委託(OEM)で鍛えた腕前を“ファクトリー発のオリジナルブランド”をはじめ、今シーズンは、海外からも熱い視線を浴びる日本発のブランドにも注目したい。


「デザイン・機能・実用性」を備えた上品なシングルトレンチ

  


<MOORER/ムーレー>コート 159,840円
■メンズ館5階=ビジネス クロージング

エポーレットやヨークなどの本格仕様で実用性に富んだコートは<ムーレー>のもの。フロントはジップアップ仕様で、フードは着脱可能。機能性を高めながら、上品な表情をキープしているのはさすがの一言だ。着回しの効くベージュとネイビーの2色展開というのもうれしい。


“コートファクトリー”が作るモダン志向のコート


 

<PALTO/パルト>コート 90,720円
■メンズ館5階=ビジネス クロージング


次世代に相応しいモダンなコートを生み出している<パルト>からは、肩になじむラグランスリーブやアレンジ自在のベルトを採用したバルカラーの代表モデル「バルトロメオ」が登場。今シーズンの新作はコットンソラーロの少し艶やかな表情ある素材使いが特徴だ。

テーラリング技術や細やかなディテールに至るまで、イタリアンエレガンスの真髄を踏襲しつつ、未来を見据えたモダンなスタイルに仕上がっている。


旅先でも活躍する「パッカブルコレクション」がデビュー

 


<Sealup/シーラップ>コート 74,520円
■メンズ館5階=ビジネス クロージング


1935年ミラノで創業したコート専業ブランド<シーラップ>は、華々しい実績と誇らしい技術を背景に成長したファクトリーブランド。

2019年春夏シーズンは、「パッカブルコレクション」を新たにローンチ。上品な光沢と適度なハリとシワになりにくいのが特徴の超軽量・高密度ポリエステルタフタを採用したコートは、リラックス感のあるセットインラグラン仕様に、ディテールを極力省いたミニマルデザインとエレガントを感じさせるAラインのシルエットが魅力だ。


コート専業ブランドならではのバランスの良さに注目

 


<Hevo/イーヴォ>コート 77,760円
■メンズ館5階=ビジネス クロージング

 

イタリア・プーリア発のコート専業ブランドの<イーヴォ>。このナイロン素材の「CONVERSANO」は、ややゆとりのあるミニマルなシルエットに特徴的なラグランスリーブを採用。肩に切り返しのない仕様なので、袖にかけて可動域も確保し、絶妙なフィット感を演出してくれる。

ビッグシルエットにも関わらず、野暮ったく見えないバランスの良さは、コート専業ブランドたる所以だ。

 


巨匠パブロ・ピカソのコートからインスピレーション

  


<COHERENCE/コヒーレンス>コート 139,320円
■メンズ館5階=ビジネス クロージング

 

トレンチやステンカラーコートなど手番的な型を現代的にアップデートすることで、唯一無二の個性を創出する<コヒーレンス>。このモデル「RUIZ(ルッツ)」は、芸術家 パブロ・ピカソが着ていたコートからインスピレーション。素材は、シワになりにくく、復元率の高い生地をオリジナルで開発。オーバーコートの美徳であるゆったりしたフィットで、過去のロマンティシズムと最新技術の出合いによるモダンなアイテムへと昇華している。

NEXT>名品の価値を紡ぐ、老舗の魅力