JAPAN MADE PRIDE──手間暇かけて熟成された、日本のものづくり|#5 使い込むほどに味わいを増す日本生まれのレザーバッグ

日本には、唯一無二のものづくりが息づいている。複雑な工程や緻密な作業を経て 完成したアイテムは、身に着ける者を魅了する美しさと心地よさを兼ね備えている。

「JAPAN SENSES」

国内で職人の手により、丹念につくられる<HERGOPŌCH/エルゴポック>のバッグ。使い込むほどに愛着が深まるバッグは、こだわりの上質な素材から生まれる。


ショルダーバッグ「06-OS」各33,480円
(32.5×17×6.5cm)

気分まで開放してくれる軽快な上質。<エルゴポック』のショルダーバッグ。


熟達した職人により、国内の工房で丁寧に手作りされる<エルゴポック>のバッグ。堅牢かつ美しい上質な革素材を、道具としての本質を追求しながら洗練されたデザインに昇華させている。そんな物作りを象徴する商品のひとつが、人気の2WAYショルダーバッグ。

街や郊外をアクティブに歩き回るシーンでは手ぶら感覚のショルダーバッグとして、美術館やレストランなどを訪れる際には手持ちのクラッチバッグとして使えるこのアイテムは、装いも気分も軽やかになる季節にぴったりのマルチプレイヤーだ。

素材には艶のある独得の風合いを湛え、使い込む程に味わいを増すワキシングレザーを使用。また、手にしっくりとフィットする手縫いのレザーハンドルや使いやすいポケットなど、その機能性は一度使うと手放せなくなるはず。持つ悦びのあるバッグを、あなたに。


「JAPAN SENSES」の開催にあわせ、ポップアップを開催。

 

メンズ館地下1階=紳士鞄では、10月31日(水)より、<エルゴポック>の定番アイテムから秋の新作まで、幅広くラインナップ。また、2019年春夏の新作モデルを先行で登場する。


卓越した技術をもつ職人の手で染めることで、えも言われぬ美しいムラ感を醸しだす「ワキシングレザー」シリーズの新色。ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで持てるトートバッグのほか、丸みを帯びたフォルムと機能性を融合させたショルダーバッグなどをラインナップ。
手前/ショルダーバッグ「06-OVL」29,160円(17×25×9cm)
奥/トートバッグ「06-TTM」47,520円(30×38×13cm)


新定番の「マージ」シリーズは、2種類のベジタブルタンニンなめしの革のコンビネーション。クラッチバッグとして使えるほか、ストラップを調整することで、ボディバッグとしても持てる。長財布や500mLのペットボトルも入れられるサイズ。

クラッチショルダー「MG-SSR」38,880円(13×24×8cm)


<エルゴポック>の本懐は、革を先に開発して、それに合ったデザインを起こしていくところにある。「バスクドレザー」という名のオリジナル素材は、肉厚なレザーながら、手に吸い付くような風合いが魅力。デイリーに使える大きさもうれしい。

ショルダーバッグ「MG-SL」38,880円(19×26.5×9cm)


<エルゴポック>プロモーション
□10月31日(水)~13日(火)
□メンズ館地下1階=紳士鞄

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館地下1階=紳士鞄
03-3352-1111(大代表)