2018.07.09 update

名靴を愉しむ #4──キーワードで読み解く<ALDEN/オールデン>の魅力②

今では数少なくなった「made in USA」の靴づくりに取り組む<ALDEN/オールデン>は、老舗タンナーであるホーウィン社の「コードバン」を主に用い、それぞれに特徴を持つ「ラスト(木型)」を駆使、素材・ラスト・デザイン・作りが生み出す圧倒的な個性は、いつの時代でも男の憧れだ。きちんと手入れをしていけば長く愛着に応えてくれる<オールデン>。イセタンメンズネットでは、全3回に渡り、その魅力を“キーワード”別に読み解いていく。


「【連載】名靴を愉しむ」記事一覧はこちら


 



前回の記事はこちら▶



第2回目の今回は、履き味の違いに直結する4つの人気「ラスト(木型)」を比較。アメリカ本国では10以上のラストがあり、日本では、日本人の足に馴染みやすいラストを中心に展開している<ALDEN/オールデン>。「イセタンメンズでは特に人気の高いラストを使ったモデルを展開しています」と、メンズ館地下1階=紳士靴のアシスタントバイヤー宮下創太。<オールデン>の輸入総代理店ラコタの吉川雅也さんは、「<オールデン>はラストによってサイズ感とフィッティングが変わってくるので、ご自身の“推しラスト”をぜひ見つけてください」と力を込める。


伊勢丹オンラインストアで<オールデン>の商品一覧を見る


 

NEXT>トラディショナルな空気を持つ「バリーラスト」