A JAPANESE CREATER──世界を見据える日本のクリエーター【TEÄTORA/テアトラ】


<テアトラ>
ジャケット 69,120円
パンツ 36,720円


“働く”と向き合ったらテアトラにたどり着いた


ブランドの立ち上げから参画した前職では東京コレクションに参加し、ランウェイショーも経験した。だが、ブランドが成長するにつれ、長年抱いていた疑念が大きくなった。そもそも1シーズンに100も200も新作を投入することに意味があるのか。本当に快適な服があれば、数はそんなに必要ないのではないか。

上出大輔が独立を決めたのは、既存のファッションシステムから脱却を図るためだった。「テアトラではデザインをする前に、服のつくり方自体を変えました。100型、200型にリスクを分散するのではなく、そのための時間と費用を少数に絞り込むことで圧倒的な1型を“研究・開発”することを目指したんです」

デビューに間に合ったのはわずか2型のボトムスのみ。1型につき20回以上の試作を繰り返し、理想を追い求めた結果だった。「人類の有史以来、これほど座って働くことが一般的になった時代はありません。僕が望んだのはアパレル業界の評価より、仲間からの共感。だから、周囲の友人たちをイメージして、“頭脳職のための機能服”をつくることに集中しました」

週5日働くのなら本当に求められているのはいまの時代の仕事着だ。発想の転換が、徹底的な実用主義に突き動かした。旅に便利なパッカブルシリーズはビジネスに耐えうる表情をもちながら、機内ではリラックスでき、雑に扱えるタフさが特徴。軽い着心地は、日常生活においても重宝する。
自分の素直な気持ちに従ったからこそ、たどり着いた結論。上出の想いが常識を覆し、服のあり方を変え、人々のライフスタイルさえも変えていく。



<テアトラ>
デザイナー 上出 大輔
1977年生まれ。2013年秋冬シーズンより、テアトラをスタート。18年、東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン。

*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら