2018.04.19 update

あなたの足に最良の靴を #3──シューカウンセラー竹内は、ヒアリング重視のお客さまに寄り添ったフィッティング(1/3)

「シューカウンセラーはお客さまとより近くで向き合える資格なので、自分の性格にも向いていると思います。」と語るのは、シューズラボ担当の竹内祐眞。
この竹内が目指す自身のシューカウンセラーフィロソフィーについて、同じ紳士靴のスタイリストをモデルに、実際のカウンセリング模様を交えながら聞いてみました。



シューカウンセラーとしての精度を上げていきたい


▶STEP.1_素足の状態や履き方の好みをヒアリング
今回のモデルとなるスタイリストの素足の状態を見ると、足の形の分類はエジプト型。軽い外反母趾がありますが、「緩めの履き心地の靴が好き」と聞いているので、素足を見る限りでは特に当たっている部分も見当たらず、比較的きれいな足だと思います。




▶STEP.2_足の測定
素足のまま、「足長」「足幅」「足囲」を計測。足は左が0.4cm長く、足幅は左が0.6cm狭く、足囲は左が0.3cm広いですが、日本人の標準的なバランスです。

▶STEP.3_目視による足の個性をチェック
計測後に両足を目視します。踵(かかと)は小さい方で、くるぶし位置は高め、甲は標準的で、土踏まずはしっかりあります。こういった数値化できない部分は、これまで多くのお客様の足を見てきた経験を活かして判断していきます。

NEXT>この4つのステップから導き出した、最良の一足とは…?