Nonchalant Nobleness──秋の薄暮に、貴公子然たる装いを(1/3)

夏の喧騒が体を通り抜けたら、心に秋が訪れる。涼しげな秋風は、フォーマルな装いに心地よく、ドレスアップをたのしむ追い風となる。気負わずに、さりげなく、プリンスのような着こなしを。

「LIKE A PRINCE」
□9月20日(水)~10月17日(火)
□メンズ館=各階


<ジョルジオ アルマーニ>
タキシード 399,600円
シャツ 72,360円
ボウタイ 27,000円
■メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー


<ETRO/エトロ>
スーツ 313,200円
*三越伊勢丹限定
シャツ 60,480円
ボウタイ 21,600円
■メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー

その場の空気と同化するような囁き声と、カトラリーが触れ合うかすかな音――これこそが、ホテルリッツ パリのサロン プルーストのBGMだ。淑女をエスコートした紳士は、まるで自分たち以外は存在しないかのように振る舞う。そんなジェントルマンが格調の高いパーティに繰り出す夜、ゴージャスなナイトフォーマルスタイルに身を包む。

拝絹の光沢、極上のウールだけが醸し出せる艶やかな照り、ベルベットがもたらす光の悪戯。移ろいやすい光を刹那的に集め、一晩限りの快楽に身を委ねる。正統を知ったからこそ、愉しめる異端な装い。あるいは、その逆。今宵も世界のどこかで、人知れず宴が繰り広げられている。