<カナダグース>を推奨する今年のポイントを解説


まずダウンアウターというアイテムで大事なのは、「アウター内の内気を出さず、外気を入れない」ことですが、胸元から脇にかけての部分が、体温が上がりやすく暖かさを感じやすいところなので、そのフィット感がポイントになります。


伊勢丹オンラインストアで<カナダグース>の商品一覧を見る

<カナダグース>というと、日本人専用のパターンから生まれた「ジャパンフィット」が人気を席巻してきましたが、メンズ館では昨年からアジア人4万人の体型をベースに設計された「フュージョンフィット」をプッシュしています。実は、「フュージョンフィット」の方がバストのフィットがタイトなので、<カナダグース>のルーツに近く、細身を着たいという方にもお薦めします。

また、<カナダグース>の鉄板モデルは、ジャパンフィットの「ジャスパー」ですが、ジャスパーのベースになった「シャトー」はグローバルフィットで、それが日本人には大きかったために生まれたのが「ジャスパー」なんです。


「ジャスパー」97,200円


「シャトー」99,360円
メンズ館では、今シーズンほぼすべてのモデルでXS~XLまでの5サイズを揃え、さらに、グローバルフィット、フュージョンフィット、ジャパンフィットを掛け合わせた15レンジをラインナップ。ファッション感覚でダウンを着る人から、実用性重視の方まで、お好みの着こなし方に合わせてお選びいただけます。

そして今シーズンは、店頭&オンラインストアでは全11モデルを用意。大きく分けると「ジャスパー」や「シャトー」などの"長方形型"と、「ウィンダム パーカ」や「ラッセル パーカ」などの"正方形型"に分けることができます。


「ラッセルパーカ」99,360円
*伊勢丹オンラインストアでの取り扱いはございません



「ウィンダムパーカ」99,360円


長方形型は、スーツやジャケットの上に羽織れる丈で、ダウンステッチが外に出ていないので、オンオフ兼用に適応。また正方形型は、ボクシーなシルエットに、ウエストベルト上からお尻が半分ほど隠れる丈で、今年はバリエーション豊富に揃えました。着用の用途に合わせてセレクトできるのもポイントです。

さらに、今秋冬の<カナダグース>は全11モデルを揃えましたが、10月下旬以降には、国内では極少数の展開となる新モデルの販売も予定。こちらは伊勢丹オンラインストア限定での販売となりますので、本サイトのアップデートを小まめにチェックしてください。

ダウンパックを丁寧に手詰めし、氷結しづらく雪が払いやすいコヨーテファーを使い、スナップボタンなどで比翼ディテールを進化させている<カナダグース>を今年の冬はお薦めします!

NEXT>【10月6日(金)更新】<カナダグース>現在展開中のアイテムはこちら