VOL.4|コードバン革のお手入れ

 

希少な“馬のお尻の革”には、コードバン専用クリームが必須


「コードバンは、馬のお尻の起毛している部分をワックスで寝かせている革なので、それを維持するために、“コードバン専用クリーム”を必ず使います」と小林。「まずクリーナーで表面の汚れを取って、毛を寝かせる効果のあるワックスが多めに配合されている専用クリームを塗ります。クリームを塗るときには馬毛の小さなブラシを使ってもOKです」

そして、「コードバンの履きシワ部分は起毛しやすいので、クリームを力強くすり込むのもポイントです」とアドバイス。


また、雨(水)に弱いのもコードバンの特徴。小林はコードバンのお手入れのときに、ふいの雨にも大丈夫なように、クリームを多めに塗っているそうです。

「黒やバーガンディ、ブラウンは同色のクリームを、ニュートラル(無色)もありますが、薄いブラウンなどにご使用ください。同色を使うと退色も防げます」と説明。コードバンは独特のツヤ感が魅力。ツヤ感を維持させるためにもお手入れは必須です。


「VOL.4|コードバン革のお手入れ」
関連商品を見る


NEXT≫VOL.5|雨の日のお手入れ
雨に濡れると革の乾燥が進むので、アフターケアは丁寧に