<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>|【リポート③】イセタンメンズが東京・丸の内に誕生! 丸の内の男たちの“自分の店”を目指して

12月12日(土)にオープンしたファッションセレクトストア<イセタンサローネ メンズ>は、日本のビジネスシーンの最前線で戦う東京・丸の内の男たちのライフスタイルのオンからオフまでを個性的に美しく演出する店。インテリアデザイナーの辻村久信さんとともに<イセタンサローネ メンズ>を創った三越伊勢丹のキーパーソンに話を伺った。

 

 

男のこだわりのアイテムを集積

 

三越伊勢丹の中小型店舗開発を担当する小柴善明は、「大人の男女に親しみを持っていただける店が出来上がりました。<イセタンサローネ メンズ>は新宿店メンズ館の売り場面積全体の10分の一にも満たないワンフロアですが、男女問わず楽しんでいただける日本初のジャン=ポール・エヴァンのカフェをはじめ、ライフスタイルの一面が提案できる店になりました。

ストアコンセプトの“おもあい”は、茶道に見るおもてなしの心を持ってお客さまをお迎えする精神性のことで、3年ほどあたためていたコンセプトです。2011年の3・11以来、日本人が持つ互助精神や人の優しさなどから、“おもあい”を見直してみようと考えていました」とコメントします。

 

さらに、「店の作りでは、エントランスを入って、左に999.9のアイウェアという無機質なモノを、右にニコライ バーグマンの花という有機的なモノを配置。お客さまに何かを感じていただければと思います。また、書斎に見立てた“ロイヤル”のコーナーは、まさに英国の小部屋。ぜひ世界観をお楽しみください。さらに、丸の内周辺にはない靴・バッグのリペア工房なども“おもあい”の象徴的なサービスです。丸の内のローカルなメンズショップとして、親しみやすい店を目指します」と述べました。



 
旬のファッションの楽しさを伝えたい

 

次に登場するのは、中小型店舗の出店を推進する田代直子です。「以前はバーバリー丸の内店だった新東京ビル1階に出店するにあたって、仲通りの魅力を上げたいという打診もいただき、丸の内にメンズ店の出店を決めました。丸の内界隈には23万人のワーカーがいて、伊勢丹メンズ館プロデュースによる特別なラウンジ感覚の「イセタン羽田ストア」のノウハウもあり、<イセタンサローネ メンズ>はメンズ館約1万平方メートルを凝縮。これまで新宿に足を運ばれなかった方にも、ファッションの楽しさを伝え、“ご自分の店”と思っていただけるような商品とサービスに努めます」と意欲を述べました。

 

 
高感度な商品と、上質なおもてなしを

 

日本家屋に見立てたワンフロアに、ハイエンドなデザイナーブランドやスーツのオーダーメイドをはじめ、男性のオン・オフのスタイリングに必要なビジネスシューズやバッグ、革小物、帽子、シーズン雑貨やフレグランスまで、幅広いアイテムを取り揃える<イセタンサローネ メンズ>。セレクトショップが建ち並ぶ丸の内・仲通りで、百貨店の強みをアピールしていきます。


<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>|【リポート①】イセタンメンズが東京・丸の内に誕生! イセタンメンズ12年目の悲願 
<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>|【リポート②】イセタンメンズが東京・丸の内に誕生! 辻村 久信氏が語るストアデザイン   

 

<イセタンサローネ メンズ>
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1階
Tel. 03-6206-3190
営業時間 11:00~20:00