ページトップへ
CLOSE
自分自身をワンランクアップ -春のビジネススタイルに彩りを-

自分自身をワンランクアップ -春のビジネススタイルに彩りを-

気持ちも装いも新しくシフトする3月・4月は、「自分自身をワンランクアップ!」させてみませんか。いつもより少しいい服を着て、素敵な靴を履いて、格好良いモノを持って、気分もそれだけアップすれば、仕事もプライベートもグッと向上するはず。20代のフレッシュマン諸君、40~50代の働き盛りの皆さん、男は「装ってこそ花」なのです。

  • 意欲と覇気ある男は、スマートで美しいバッグを持っています|メンズ館地下1階=鞄
    2016.03.16 update

    意欲と覇気ある男は、スマートで美しいバッグを持っています|メンズ館地下1階=鞄

    書類やPCを入れても「軽い」のがフレッシュマンの必須条件。メンズ館で人気のブランドは、ナイロン製で作りの良さが自慢です。<STEFANOMANO/ステファノ・マーノ>はイタリアのファクトリーブランドで、1970年代後半から数々の有名ブランドの生産をOEMで手がけ、2003年に自社ブランドの<ステファノ・マーノ>をスタート。有名ブランドの生産で培った技術をベースに、ステファノ・ガスパローニ氏がデザイン担当のクリエーティブディレクターとして、熟練の職人とともに腕をふるっています。一世代前の若手ビジネスマンは、

  • いい靴は自信に繋がる。足元をしっかり固めて、成果ある仕事を|メンズ館地下1階=紳士靴
    2016.03.14 update

    いい靴は自信に繋がる。足元をしっかり固めて、成果ある仕事を|メンズ館地下1階=紳士靴

    ビジネスキャリアのスタートは、長く履ける相棒を。グッドイヤーウェルト製法の靴はファーストモデルに最適です。ビジネスシーンでは「ネイビーのスーツに黒の靴」がオーソドックスで間違いありません。職種を問わずまず一足目は黒をお薦めします。手入れしながら長く履けるのが特徴のグッドイヤーウェルト製法で、フレッシュマンにお薦めしたいのは<三陽山長>のモンクストラップ「源之介」です。一般にビジネスシューズは紐靴と言われていますが、ダブルモンクも定番になってきました。この源之介のバックルはデザイン性も優れていて、若々しい印

  • 意外と見られている名刺&財布。品良くスマートに身につけよう|メンズ館1階=メンズアクセサリー
    2016.03.12 update

    意外と見られている名刺&財布。品良くスマートに身につけよう|メンズ館1階=メンズアクセサリー

    フレッシュマンの名刺入れと財布は、黒でビシッと決めよう。牛革よりワンランク上のコードバン(馬革)は頼れるパートナー。社会人になって痛感するのが、「人から見られることの多さ」です。表情や装いなどはもちろん、初対面の人との名刺交換のときに見られるのが名刺入れで、飲み会やデートのときに出す財布はその人のイメージと直結します。つまりさまざまな場面で“値踏み”されているということ。そういうシーンで、内心「オッ、いいもの持ってるね」と思われると好感度アップは間違いなし。そんな秘密兵器が、<イセ

  • スーツに合わせて選ぶシャツ&ネクタイ。個性の花を咲かせよう|メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ
    2016.03.10 update

    スーツに合わせて選ぶシャツ&ネクタイ。個性の花を咲かせよう|メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ

    コスパの高い<イセタンメンズ>オリジナルからセレクト。今主流のワイドカラーシャツにさり気なく個性を主張するタイを。ネクタイはスーツスタイルの上級者からすれば“アクセサリー”ですが、20代のフレッシュマンは、スーツに合わせてシャツを選び、最後にネクタイでコーディネートをまとめると難しくありません。そして仕事のシーンでモチベーションを上げるために色と柄を上手にチョイスしてください。この<イセタンメンズ>オリジナルシャツは、スリムフィットとレギュラーフィットの中間のボックス型シルエットで

  • 装うことの基本はスーツ。新しい春は“紺”が一際美しい|メンズ館5階=ビジネスクロージング
    2016.03.08 update

    装うことの基本はスーツ。新しい春は“紺”が一際美しい|メンズ館5階=ビジネスクロージング

    フレッシュマンのビジネススタイルは“紺=ネイビー”からスタート。紺を極めてから、ブルーのバリエーションの着こなしを楽しもう。「20代はぜひ“紺=ネイビー”を極めてください」。紺色は若々しい表情をキリッと引き締め、シャツとネクタイの着こなしのバリエーションが豊富に楽しめます。さまざまな年齢のお客さまのスーツスタイルを見ていますが、「若いうちにネイビーを着ないでいつ着るの?」と痛感します。ビジネスキャリアのスタートは紺から始めましょう。 今回お薦めする<イセタン