ページトップへ
CLOSE

NOMOS GLASHUTTEノモス グラスヒュッテ

お取り扱いフロア
  • 8F=イセタンメンズ レジデンス
NOMOS GLASHUTTE

1906年にグラスヒュッテに誕生するも第二次大戦後に休眠状態にあった<ノモス グラスヒュッテ>は、東西ドイツ統合後、旧西ドイツでデザイナーとして活躍していたR.シュベルトナー氏が、自分の思い描く理想の時計作りのために1992年に再興しました。代表的なモデルである「タンジェント」をはじめ、すべての時計はバウハウスの流れを汲んだきわめてシンプルで機能的なデザインであり、数多くのデザイン賞を受賞してきました。またデザインだけではなく、時計の裏側から見ることが出来るムーブメントも非常に美しい仕上げがなされ、独自のオートマチックシステムやパワーリザーブシステムをはじめ、独創的かつ高い技術力が用いられています。