ページトップへ
CLOSE
  • ナポリシャツの老舗が表現する2016年秋冬注目のトレンドとは?
    2016.01.16 update

    ナポリシャツの老舗が表現する2016年秋冬注目のトレンドとは?

    1957年創業のナポリの老舗カミチェリア(シャツメーカー)<ルイジ ボレッリ>。平面的で硬い縫製のシャツしかなかった時代に人体を徹底的に研究し、手仕事を駆使することで着心地の良いシャツを完成させたブランド。エレガントとリラックス感を兼ね備えたナポリシャツの中でも代名詞的な存在です。グレー×ブラックのダークトーンを主流にしたスタイルに、ほんのりとカジュアルなエッセンスをプラスしています。特に、ブラックは今シーズンのキーカラー。重たくなりがちな定番色ですが、同トーンのウールコットンのデニムやハイゲ

  • ISETAN MEN'S ORDER SHIRT|クラシックな雰囲気を演出する「ブリティッシュスタイル」
    2016.01.01 update

    ISETAN MEN'S ORDER SHIRT|クラシックな雰囲気を演出する「ブリティッシュスタイル」

    オーセンティックでスタイリッシュな印象の「ブリティッシュ スタイル」。しっかりとしたハリのある生地使い、堅牢な縫製、たっぷりとした長めの着丈が特徴的。シャツの基本的な襟型のラインナップに加えツインバレルやトリプルバレルのカフスタイルなどでクラシックな雰囲気を演出します。1924年に創業以来、イタリアの名門シャツブランドとして、高品質を追及してきたシクテス社。名立たる高級ブランドのサプライヤーとして、シャツ生地を作ってきた経験から上質なコットン生地である超長綿を打ち手の密度を高めることでコットンのケアを

  • ISETAN MEN'S ORDER SHIRT|遊び心ある「アメリカンスタイル」がオーダーシャツで可能に
    2016.01.01 update

    ISETAN MEN'S ORDER SHIRT|遊び心ある「アメリカンスタイル」がオーダーシャツで可能に

    米国のオーセンティックなスタイルを表現するモデルは、生地も肉厚な40双のほぼ同様のものを使用。米国起源のBDシャツの襟型はもちろん、ラウンドBDやラウンドのタブカラー、ピンホールカラーなど、英国のスタイルよりも遊び心が感じられるモデルが登場。アメリカントラディショナルをオーダーシャツで可能に。 「アメリカンスタイル」オーダーシャツ仕立上り 16,200円イタリア3大シャツ生地メーカーで100年以上の歴史を持つモンティは、イタリアでも、原綿から製品まで一貫で生産している唯一のメーカー。同ブラン

  • ISETAN MEN'S ORDER SHIRT|エレガントで柔らかな印象の「ミラノスタイル」
    2016.01.01 update

    ISETAN MEN'S ORDER SHIRT|エレガントで柔らかな印象の「ミラノスタイル」

    大きめの襟、高い襟腰、すっきりとフィットするシルエットが特徴的な「ミラノスタイル」モデルは、クラシコイタリアの雰囲気に相性のいいエレガントな印象。カジュアルでも使える2釦BDなどは、柔らかい芯地を使い優雅な曲線を描きます。 世界の一流メゾンがこぞって使う、イタリア「カンクリーニ社」のシャツ生地。ソフトな風合い、ピュアな発色、上品な光沢感が美しく調和し、品質はもとよりファッション感度の高さにも定評がある。白無地や織り柄、色柄のバリエーションともに豊富なコレクション。<CANCLINI/カンクリー

  • 【インタビュー】マイケル・リンカ(Emanuel Berg/エマニュエル・バーグ マーケティングマネージャー)|世界一コスパに優れると言われる<エマニエル・バーグ>のシャツ
    2015.12.25 update

    【インタビュー】マイケル・リンカ(Emanuel Berg/エマニュエル・バーグ マーケティングマネージャー)|世界一コスパに優れると言われる<エマニエル・バーグ>のシャツ

    生地、作り、デザインを高い次元で融合させた一枚はビジネスマンの強い味方「世界ナンバーワンのコストパフォーマンスを誇るシャツです」開口一番、三越伊勢丹の佐藤バイヤーからこの言葉が飛び出した。そのシャツとは、<エマニュエル・バーグ>。ポーランドのシャツ専業ブランドだ。近年、「ピッティ・イマジネ・ウォモ」にも出展している同ブランドだが、いかんせんポーランドの服飾事情に我々日本人の馴染みは薄い。しかし、イタリア、英国、フランス、アメリカ、日本の一流シャツを数多く扱ってきた伊勢丹メンズで10年以上販売されてきた、こ

  • GENTLEMEN'S SNAP|マイケル・リンカ(エマニュエル・バーグ)
    2015.12.24 update

    GENTLEMEN'S SNAP|マイケル・リンカ(エマニュエル・バーグ)

    マイケル・リンカ(エマニュエル・バーグ)関連記事・【インタビュー】<エマニュエル・バーグ>マイケル・リンカ|世界一コスパに優れると言われる<エマニエル・バーグ>のシャツ・国内外のデザイナーやブランドCEOなど著名人をスナップ!「GENTLEMEN'S SNAP」はこちらお問い合わせメンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ03-3352-1111(大代表)

  • イセタンメンズ2016年春夏トレンド速報(2)|あの<CARLO RIVA/カルロリーバ>がイセタンメンズのために「オリジナルバンチブック」を作成!
    2015.12.17 update

    イセタンメンズ2016年春夏トレンド速報(2)|あの<CARLO RIVA/カルロリーバ>がイセタンメンズのために「オリジナルバンチブック」を作成!

    世界最高のシャツ生地×ナポリを代表するシャツ工房のコラボが実現!世界中の高級シャツメーカーが競ってファーストチョイスする<カルロリーバ>がイセタンメンズのために作成した「オリジナルバンチブック」から好みのシャツ生地を選び、<ANNA MATUOZZO/アンナ・マトッツォ>、<LABORATORIO NAPOLETANO/ラボラトリオ・ナポレターノ>、<LUIGI BORRELLI/ルイジ ボレッリ>の名工房がシャツを仕立てるという、まさに夢のようなコラボレーションが、2016年3月2日(水)か

  • 【インタビュー】<ドレイクス>マイケル・ヒル|ロンドンの中心で手縫いされる<ドレイクス>のタイには伝統と革新が結ばれている
    2015.12.11 update

    【インタビュー】<ドレイクス>マイケル・ヒル|ロンドンの中心で手縫いされる<ドレイクス>のタイには伝統と革新が結ばれている

    2代目当主マイケル・ヒルは生まれながらの"タイメーカー"だ<アクアスキュータム>でスカーフの企画を担当していたマイケル・ドレイクと、<ターンブル&アッサー>でタイの企画を担当していたチャールズ・ヒルという親友二人が、1986年に興したタイを中心とするアクセサリーブランドが<ヒル&ドレイク>である。自社ブランドを生産する一方で、その高い技術とセンスによって、パリの<オールドイングランド>や<アニエス・ベー>のタイ生産も担当した。その後、90年代に入り、チャールズは独立。マイケルひとりとなったところで、<ドレ