2016.12.24 update

自分で巻けるようになる!アウター別に多彩なマフラーの巻き方をメンズ館スタイリストが指南

巻き方次第で様々な表情に変化する、冬のマストアイテム『マフラー』―――。
お気に入りの色や柄のマフラーをご自身で購入したり、プレゼントで贈られたりと、何本あっても困らないアイテムは、コーディネートに合わせた、色や柄のチョイスや巻き方を変化させると、首元にアクセントが生まれコーディネートもぐっと引き立ちます。

イセタンメンズネットのQ&Aで人気の、『メンズ館スタイリストが「マフラーの巻き方テクニック」教えます』が、今回さらにバージョンアップ!より詳しくマフラーの巻き方を解説していきます。


自分でマフラーの巻き方をマスターして、マフラーを使ったコーディネートの幅を広げよう!


このマフラーの巻き方指南では、メンズ館スタイリストが、チェスターコート、ステンカラーコート、ダウンアウターの3種類のアウターに似合う、全6種類の巻き方を指南!
動画では実際にスタイリストがマフラーを巻きながら、細かな解説も付き、しっかりと巻き方習得できます。「それでも巻き方が分からない…」と感じたら、ぜひ店頭のスタイリストにお気軽にご相談ください。

さらに、この巻き方はストールにも応用できるので年間を通して巻き物コーディネートをお楽しみいただけますので、ぜひお試しください。
それでは早速、それぞれの巻き方をチェックしていきましょう!

【チェスターコートがより華やかに、アクセントになる巻き方】
1:ピッティ巻き編
2:ピッティ巻き 応用編

【スーツスタイルに映えるステンカラーコートを格上げする巻き方】
3:ニューヨーク巻き
4:ループ巻

【ダウンアウターのボリュームに負けないくらいふんわり仕上げる巻き方】
5:スヌード巻き
6:後ろ結び

NEXT>これであなたもファッショニスタ!? チェスターコート × ピッティ巻き