2016.09.27 update

【オーダー会情報】<Anna Matuozzo/アンナ・マトゥッツォ>|伝説のカミチュリアによるオーダー会を初開催!"ルビナッチ"モデルが約40年ぶりに復刻

10.01 Sat-10.02 Sun
メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ

「シャツのス・ミズーラ(オーダー)で、お客さまの一番の関心はフィッティングです」――というメンズ館1階=ドレスシャツ&ネクタイ・カジュアルシャツのバイヤー、佐藤巧が自信を持って推奨する<Anna Matuozzo/アンナ・マトゥッツォ>のオーダー会が、10月1日(土)と2日(日)の2日間のみの開催が決定。9月14日(水)よりご予約を承ります。


関連記事
誂える喜び -The Joy of Bespoke-|【対談】アンナ・マトゥッツオ×バイヤー佐藤巧
<アンナ・マトゥッツオ>の既製モデルがメンズ館に登場!

アンナ・マトゥッツォと娘のアントネッラが来日!

ナポリの街のお仕立屋(カミチェリア)にして、フルハンド=ス・ミズーラの真骨頂を作り上げる<アンナ・マトゥッツォ>。この春、メンズ館1階=ドレスシャツにて、イセタンメンズオリジナルモデルの既製品と、常設のパターンオーダーを開始しました。そしてついに実現するオーダー会の内容を佐藤バイヤーがご案内します。


パターンオーダーではできないことを、ス・ミズーラで実現

<アンナ・マトゥッツォ>のシャツは、全体で13ポイントのハンドメイド仕立てが基本で、イセタンメンズで取り扱っている、日本人の体型に合うサイジングを重視した既製品も、常設のパターンオーダーも13ポイントの仕立てです。

今回開催するオーダー会のス・ミズーラも同じく13ポイントですが、常設展開するパターンオーダーではできない「横補正」ができるのが一番の魅力です。

パターンオーダーでは、裄(ゆき)丈、着丈、首回り(ネックサイズ)、カフス補正など、いわゆる「縦補正」はできますが、上胴(バスト)や中胴(ウエスト)、下胴(ヒップ)などの「横補正」はできません。シャツはフィッティングが命なので、お好みのフィッティングがオーダーできるオーダー会は、まさにス・ミズーラの醍醐味を味わっていただける貴重な機会となります。


「あなたのハウスモデルとは?」とアンナに問いかけました

ナポリの工房を訪れたときに、アンナ本人に「あなたのハウスモデルは?」と問いかけて出てきたのが、今回のオーダー会で受け付けるモデル「カプリ」です。
「カプリ」は、地元ナポリで人気のモデルで、襟の付け方が違います。襟のハギ部分が少ないと首に当たるストレスが軽減するのですが、「カプリ」は一枚一枚手でプレスしながら、きれいなロールを生み出していきます。


NEXT≫“ルビナッチ=ロンドンハウスモデル”が約40年ぶりに復刻!